グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


10月16日(水) #15「苦い薬」

15病院を買うというカリーの提案にメレディスとデレクは賛成するが、アリゾナやクリスティーナは反対する。一方、ベイリーは重篤な少年患者のために、ゲノム・マッピングの外注許可を申請するものの、オーウェンに財政難を理由に却下されて……。アレックスはジョーと新生児の治療に当たる。両親はたった一度の火遊びで子を授かった会社の同僚同士で、とにかくいがみ合ってばかり。そんな二人の様子を見たジョーは、職場恋愛に否定的になる。


●ジョーに産婦人科医の彼氏が!?
アレックスとジョーは、一度の火遊びによって子どもを授かった会社の同僚同士、フィンチとランガーの赤ちゃんを担当します。赤ちゃんは腸軸捻転でオペの必要がある状態。それなのに、両親はいがみ合ってばかり。子どもに対する愛情はあるものの、よっぽど相性が悪いのか(実は、相性が良いから子どもができた!?)、醜くののしり合います。そんな二人の様子を見たジョーは、職場恋愛はうまくいかないものだと痛感。けれども、アレックスから「運命の相手なら同僚でもうまくいく」とアドバイスされると、思いを寄せていた産婦人科レジデント“胸板王子”との初デートへ! これはアレックスにとって予期せぬ展開! 彼に巻き返しはなるのでしょうか!?

 

●“再ヴァージン化”をマシューに隠すエイプリル
救命士のマシューから正式なデートに誘われたエイプリル。ヴァージンを一度捨てていながら“再ヴァージン化”したことを彼にどう説明すればよいか悩み、事もあろうにそれをジャクソンに相談。一度はエイプリルとの将来を考えたジャクソンにとっては、やはり面白くない話です。いったんは冷たいジョークでエイプリルを突き放します。でも、後からそんな態度を反省したのか、正直に話せばいいとエイプリルを励まします。その言葉に勇気をもらったエイプリル、覚悟してマシューとの初デートに臨みます。デートでは、いい雰囲気の二人。結婚まで貞操を守る主義だと話すつもりだったのか、一度はヴァージンを失ったことを打ち明けるつもりだったのか、エイプリルが言葉を飲み込んだ矢先、マシューから驚きの告白が。実は、マシューもまた結婚まで貞操を守る主義だというではありませんか! これはまさに運命の出会い! でもエイプリル、結局“再ヴァージン化”の件をマシューに打ち明けることはできませんでした。エイプリル自身も自覚していましたが、確かに“再ヴァージン化”を説明するのは難しいでしょうね……。

 

●病院を買い取ってもらうために奔走するオーウェン、病院を出たがるベイリー
デレク、メレディス、カリー、アリゾナ、クリスティーナが辞めてしまったシアトル・グレース・マーシー・ウェスト病院。病院のいわゆるブランド・アンバサダーとなったデレクの顔写真は院内中に貼られ、何とも奇妙なムード! しかも、誰かがそのデレクの顔写真に落書き! 実は、デレク自身がシェーンに指示してやらせたことだったと後で分かるのですが、いずれにせよシェーンの落書きのセンスはなかなかのものでした。
一方、動揺するインターンたちが自分たちの行き先を探し始めると同時に、急な体制の変更を告げられた看護師たちも大いに反発。オーウェンは大ピンチです。しかしながら、アラナから「信頼できる人から説明されれば看護師たちも納得する」と励まされると、あらためて見事なスピーチを披露し看護師たちの協力を取り付けます。
そんな中、ベイリーは重篤な少年患者を救うためゲノム・マッピングの外注許可を申請。けれども、「財政的に厳しい」とオーウェンに却下されてしまいます。患者のために最善を尽くしたいのに、もはやそれも叶わない状況に落胆したベイリーは、少年の父親に転院を勧め、自分自身も他の病院へ移ることを真剣に考え始めます。そして、このベイリーの動きが、病院を自分たちで買い取ろうというカリーの提案に大きな影響を与えることに!

 

●病院を買い取るというカリーの提案は……
ペガサス・ホライズン社に買収された病院の悲惨な実体をこの目で見てきたカリーは、あらためてデレクたちに自分たちで病院を買い取ろうと提案。メレディスはそれに賛成。売却に向けて病院のブランド・アンバサダーになったデレクは慎重な態度を示すものの、結局は賛成の意を示します。アリゾナは、ソフィアのために貯金したいと猛反対。賛成にまわったデレクのことを“自己中”と痛烈に批判します。アリゾナ、後から「言い過ぎた」とデレクに謝罪していましたが、あの場でのデレクへの言い様は本当にすさまじかったですよね……。
一方、オーウェンと過ごしていたために議論に遅れて参加することとなったクリスティーナ。オーウェンの立場を守るためには、自分たちで病院を買おうとしていることを一切彼に知られずに動く必要があると言われると、「出し抜くような真似はできない」と反対します。
その後。ベイリーが病院を辞めたがっていると知って危機感を覚えたアリゾナは、ついにカリーの提案に乗ると宣言。オーウェンが実は売却に不安を感じていると知ったクリスティーナも賛成にまわります。それなら善は急げと、さっそくファイナンシャル・アドバイザーであるスタンのアドバイスのもと不足分の資金の調達に動こうとする5人。ところが、今にも病院がペガサス・ホライズン社と買収契約を結ぼうとしていることが発覚します。何とか契約を阻止して時間を稼ぎたい5人は、契約の場に乗り込んで病院を辞めると宣言! 当然、優秀な外科医らの流出により病院の価値は暴落することとなり、買収契約は白紙となります。こうして、5人は自分たちで病院を買い取るという夢をつなぐわけですが、かわいそうなのは事情を知らないオーウェン。信じていた仲間に裏切られたと彼が感じるのは当たり前のことです。

 

5人が病院を買い取るという計画、それにともなうオーウェンとクリスティーナの関係、どうなるんでしょうか!? 次回も目が離せません!


【トリビア:ゲスト】
スタン役は、映画「オーシャンズ」シリーズで知られるエディ・ジェイミソン。
フィンチ役は「リベンジ」などにゲスト出演しているマイケル・ライリー・バーク。

 

【トリビア:原題】
今回のエピソードの原題「Hard Bargain」は、Emmylou Harrisの曲“Hard Bargain”からの引用。


【注目のセリフ】
「訴訟するのを決めたのはあなた。それでこんな大金をもらうことになって後ろめたい、だからみんなを救って英雄になりたいの。楽になりたくて人の家族を巻き込むなんて、それこそ救いがたいほど自己中。だからやめて。あなたが良かれと思ってしたことは何もかも裏目に出てる。もうやめて」by アリゾナ
 ……ここまでストレートに言わなくても……。
「私の場合、ヴァージンを一度捨ててまたヴァージンになってる。それって理解不能だと思う。絶対誰にも理解されない」by エイプリル
 ……確かに理解が難しい。
「苦い薬」「最悪の失敗」「死のスパイラル」「有限責任会社五里霧中」by クリスティーナ、アリゾナ、メレディス、デレク
 ……ここまで最悪な社名案って……。


【メレディスの一言】
交渉は芸術だと言われる
それでも交渉する時には、戦略を立て戦術を用いる
戦略や戦術は譲歩の時に使う言葉じゃない
戦争の時の言葉


【曲情報】
♪"Synthetica" Metric

カリー主導で病院を買い取る議論がメレディスの家で行われている最中、ベッドでクリスティーナと楽しんでいたオーウェンが、病院の今後への不安を口にするシーンで。
♪"Stay" feat. Mikky Ekko Rihanna
アリゾナがカリーの計画に乗ると宣言し、シェーンがデレクの顔写真にイタズラ描きをするシェーンをとがめ、デレク、メレディス、カリー、アリゾナ、クリスティーナが、契約の場に乗り込んで辞職を宣言するシーンで。
♪"Dead In The Water" Ellie Goulding
エンディング、マシューとエイプリルがキスをし、弱気になるアラナにオーウェンがハッパをかけ、アレックスの誘いを断ってジョーが産婦人科医とのデートに向かい、オーウェンがアレックスの家にクリスティーナを訪ねている間に、デレクたち5人がスタンのもとで病院の買い取りに向けた話し合いを進めるシーンで。

2013.10.16|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/58354549

この記事へのトラックバック一覧です: 10月16日(水) #15「苦い薬」:

コメント

コメントを書く