グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


7月24日(水) #3「見えない日々」

03

墜落事故を起こした航空会社が、多額の和解金を提示する。条件は、事故被害者が全員和解案を受け入れ、航空会社に今後何も要求しないこと。一同は、和解案に同意するべきか悩む。そんな中、着任したメイヨー・クリニックで休暇を取り、仕事に復帰したクリスティーナは、パーカーと組んでスキルアップすることを望むものの、年老いたトーマスと組まされてしまう。一方、脚を切断されて以来、心を閉ざしているアリゾナに手を焼くカリーは、ある手術をきっかけに彼女への接し方を改めようと決意する。


●航空会社からの和解金の提示に医師たちは……
メレディスら、墜落事故に巻き込まれた一同は、航空会社から多額の和解金を提示されます。航空会社側の条件は、全員一致で和解案を受け入れ、航空会社に対して何も要求しないこと。正確な金額は明かされませんでしたが、どうやらその額は、第2の人生を悠々と楽しめるほど多額な模様。それでも医師たちは、和解案に同意するかどうかでそれぞれ悩みます。
そんな中、決断を迷っていたデレクは、一人でバラバラになった事故機を見に行きます。彼の脳裏によみがえる事故の惨状……。デレクは、事故の再発を防ぎ、自分たちのような犠牲者が今後増えないようにするためには、和解案を蹴って訴訟で事故の原因を徹底的に究明すべきだと判断。結局、和解案への同意に傾いていたメンバーたちも、みなデレクに賛成し、和解案は拒否されることになりました。はたして、裁判の行く末は!? 今後の展開に注目です。

 

●クリスティーナとトーマスの距離が縮まる!?
着任したメイヨー・クリニックで上司のパーカーから休暇を勧められたクリスティーナ。ひとまず言われた通りに休暇を取ってから仕事に復帰。パーカーと組んでスキルアップしたいと意気込みますが、認定医試験の口頭試問で審査官だった、あの昔気質で初老の医師トーマスと組まされてしまいます。クリスティーナは、しぶしぶ拡張型心筋症の男性のオペをトーマスと行うことになるわけですが、ここで意外な発見をします。トーマスの手技があまりにも見事だったのです! クリスティーナとは年齢もタイプも違うけれど、彼には外科医としての確かな腕がある。クリスティーナはそのことに気付きます。
一方でクリスティーナは、和解案の件でオーウェンと連絡を取り合っていました。オーウェンとの会話は心地よく、つい彼に甘えたくなるクリスティーナ。でも、このままでは前へ進めない。葛藤しながらもクリスティーナはもう連絡しないようオーウェンに告げます。うーん、厳しい決断です。
そして、そんな彼女の気持ちをなぐさめたのはトーマスでした。実は、トーマスも墜落事故の経験者。彼はそれをさりげなくクリスティーナに語ります。敵対する関係になると思われたクリスティーナとトーマスですが、意外にも相性が良さそう。彼がミネソタでのクリスティーナの“相方”になるのは間違いなさそうです。

 

●アリゾナに思いの丈をぶつけるカリー
片脚を失って以来、不機嫌な態度で心を閉ざし続けるアリゾナ。カリーはそんな彼女に手を焼き、自分自身も追い詰められつつある状態。そんな中、病院ではヨットでの単独航海で転覆事故に遭い、脚にひどい損傷を負ったエメリーという少女を担当します。カリーは彼女の処置をし、エメリーは何とか脚の切断を免れるのですが、冒険心あふれるエメリーは、脚を失う危険を冒してでも航海を再開しようと企てていました。それを見抜いたエメリーの母親は、今は治療を優先するよう娘を説得してほしいとカリーに懇願。そこでカリーは、「憎まれ役になってでも、親らしくし頑固な娘を引き留めるべき」だと母親にアドバイスするうち、自分自身も憎まれ役になってアリゾナの態度をいさめるべきだと気付きます。そして、バスルームで転倒して失禁してしまったアリゾナに対し、自分の気持ちを爆発させるのです。
カリーは墜落事故の直接の被害者ではありませんが、彼女だって相当な痛手を負っています。妻であるアリゾナの脚の切断を指示しなければならず、その結果、自暴自棄になったアリゾナから「あなたが私の脚を勝手に切った!」と逆恨みされ……。おまけに、親友のマークは失うわ、名医デレクの手のオペというプレッシャーにさらされるわ……。最近のカリーの立場、あまりにも辛すぎます。だからこそ、今回はアリゾナに思いの丈をぶつけてくれて少しホッとしました。カリーにもガス抜きが必要です。

 

●エイプリルとジャクソンの関係は継続!?
シアトル・グレース・マーシー・ウェストに復帰したエイプリル。認定試験には落ちたものの、彼女もアテンディングの仲間入りってことでしょうか。濃紺のスクラブを着ていましたね。さて、彼女の目下の懸案事項はジャクソンとの関係(メレディスたちにもバレちゃいました!)。エイプリルは「これまでのことは水に流して“再ヴァージン化する”」と奇妙なことをまくしたて、ジャクソンは自分との関係をなかったことにすると言い張る彼女にイライラ。厄介なのは、エイプリルにもジャクソンにも互いを思う気持ちがあるということ。最終的に二人は感情を抑えきれず、またしてもキス! どうやら、エイプリルの“再ヴァージン化”への道は遠そうです……。

 

●変わらない自分にいら立つベイリー。
アテンディング専用ラウンジで傍若無人に振る舞うメレディスたちの態度にいら立つベイリー。でも、彼女のいら立ちの本当の理由は、自分自身にありました。面倒を見てきたレジデントたちはアテンディングとして一人前になり、婚約者のベンは外科医を目指して邁進し、息子のタックは幼稚園児になり自分の手を離れ……。一人置いてきぼりにされたような気持ちになったベイリーは、変わらない状況にいる自分にいら立っていたのです。リチャードはそんなベイリーに、「タックの親離れを前向きにとらえ、時間を有意義に使うべき」とアドバイスします。さすがは年の功。
それにしても、今回のベイリーの悩みは、カリーやアリゾナ、デレクら、あの墜落事故で人生を狂わされたメンバーたちの悩みと比べればずいぶん小さく見えましたね。けれども、その人その人にとって、今自分が抱える悩みこそがすべて。ベイリーの現実味あふれる悩みや、エイプリルとジャクソンのゴタゴタが描かれて初めて、エピソード全体のバランスが取れたような気がします。何せ墜落事故は破壊力がありすぎますから。


【トリビア:ゲスト】
医師たちの弁護士役は、「スイッチ ~運命のいたずら~」にアマンダ役でゲスト出演しているミーガン・ホラウェイ。

 

【トリビア:原題】
今回のエピソードの原題「Love the One You're With」は、 Stephen Stillsの曲“Love the One You're With”からの引用。


【注目のセリフ】
「農場にハントが? それ幻じゃなかった?」by メレディス
 ……エイプリル、戻ってそうそうバカにされまくり。
「私、ヴァージンに戻る!できるの、ほんとに。祈って再ヴァージン化する。実家で暇だし祈ってたの。いつもイン・シンクのポスター見ながらだったから、神様の顔がジャスティンとだぶるようになったけど、牧師様はそれでいいって。神様と話してつながりを持ち続けるなら……」by エイプリル
 ……ジャスティン・ティンバーレイク風(?)の神様に祈って再ヴァージン化!? エイプリル、相変わらず暴走!
「クマをつつく気? 発情期のクマを。で、クマが誘いに乗ったらどうする? そうなったらその体を武器にしてどんな見返りを期待してるの? はっきり言って」by カリー
 ……インターン相手にこの切り返し。辛い状況の中、ユーモアを忘れないカリーってステキ。
「えっ!? オーウェンがお母さんと!?」by メレディス
 ……この後メレディスが、リチャードは私の母とも寝たと言ってジャクソンをなぐさめようとしていたけど、ジャクソンの言った通り確かにまったくフォローになっていなかった!


【メレディスの一言】

自分の心に従って妥協をしなかった時、面白いことが起きる
重荷が軽くなり、日の光が明るくなる
そして、ほんの一瞬かもしれないけど、安らぎを得られる


【曲情報】
♪"Heat Lightning" Icky Blossoms

オープニング、医師たちが航空会社から和解金の提示を受け、クリスティーナがオーウェンと電話で話すシーンで。

♪"What Makes A Good Man?" The Heavy
エイプリルの件でベイリーがリチャードに文句を言い、アテンディングの専用ラウンジでメレディスがクリスティーナとタブレット端末を通して会話する中、ジャクソンとぶつかった拍子にエイプリルが手にしていたカップの飲み物をかぶり、ベイリーが苦情などをあちこちに付箋で貼りまくるシーンで。

♪"What Could You Do?" Dolorean
エイプリルとジャクソンが執刀するオペの最中、メレディスが彼女とジャクソンの関係に気付き、デレクが過去の和解金の支払いについてリチャードに質問し、クリスティーナが電話でまたオーウェンと話すシーンで。

♪"It's All Okay" Julia Stone
余剰皮膚切除のオペを受けたロキシーの部屋に婚約者が戻ってきたタイミングで、動揺したエイプリルが退室し、アレックスの前でジョーが泣くシーンで。

♪"I Won't Back Down" Benjamin Francis Leftwich
エンディング、カリーが泣きながらアリゾナにシャワーを浴びさせようとし、クリスティーナがトーマスになぐさめられ、デレクが和解案を突っぱねてほかのメンバーもそれに賛同するシーンで。

2013.7.24|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/57855961

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日(水) #3「見えない日々」:

コメント

コメントを書く