グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


7月17日(水) #2「友への言葉」

02

墜落事故から現在までの間に何があったのか!? 事故の直後、ボイシの病院で意識を取り戻したメレディスはパニックを起こすが、ゾラと再会して少し落ち着きを取り戻す。デレクの手のケガは深刻で、機能の8割しか取り戻せずオペ復帰は難しいとの診断が下る。現場で懸命にみんなの手当てをしたクリスティーナは、救助後、疲労のためか放心状態に。マークはレクシーを失ったことで生きる気力をなくし、重篤な状態が続いていたが……。


今回は、墜落事故後にようやく救助ヘリに発見された医師たちが、アイダホ州ボイシの病院に搬送されてからシアトルに戻り、前話に至るまでの経過を描いたエピソード。事故後の極限状態を経て、各自が自分の身に起きた受け入れがたい現実と向き合う姿が描かれました。

 

●メレディスは軽傷。デレクのケガはかなり深刻……
救出された後、ボイシの病院で意識を取り戻したメレディス。比較的軽傷で済んだものの、みんなの状態が気になってパニックに。ベイリーが連れてきたゾラと再会して少し落ち着きを取り戻すといった状態でした。
一方、デレクの手のケガは深刻で、本来の機能の8割しか取り戻せず、オペに戻るのは困難との診断。生きているだけで十分だと、現役の外科医に戻ることを諦めてもいいと考え始めるデレクでしたが、カリーは神経グラフトを使って完治を目指す方法を提案します。リスクが高いオペではありますが、一縷の望みにかけてデレクはカリーに執刀を依頼。友人かつ名医の将来が自分の腕にかかっているという状況の中、カリーはプレッシャーに負けず堂々とメスを持ちます。そして、オペの途中にアリゾナの容体が急変するというハプニングに見舞われても、気丈にオペをやり遂げます。でも……、前回のエピソードを見た方ならお分かりのように、デレクの手、このオペでは完治しなかったわけです。このままデレクは二度とメスを持てないのでしょうか!?

 

●一時は何もしゃべれなくなったクリスティーナ。ミネソタでもメレディスが相方!
現場で懸命にみんなの手当てにあたり、救助ヘリの飛来に真っ先に反応したクリスティーナ。救助後、張り詰めた糸が切れたかのように放心状態となり、一言も口をきけない状態に。しかしながら、オーウェンの献身的な看病が彼女の心を溶かしたのか、クリスティーナは事故現場での過酷な状況を話し始めます。その内容といったら、思わず耳を覆いたくなるような悲惨なもの。とつとつとした口調とその表情も相まって、彼女が語る現場の惨状は、非常にリアルに伝わってきました(さすが、演技派のサンドラ・オー)。
その後、オーウェンに事故のことを話して気持ちの整理がついたのか、クリスティーナはフェローとしての職を得たミネソタのメイヨー・クリニックへ向かうことにします。そんな彼女の決断を「逃げている」と非難するメレディス。「災難ばかり起きるこんな街からは逃げるべき」とクリスティーナは反論しますが、メレディスは負けじと「シアトルでの5年間をすべて否定する気か」と言い返し、二人はケンカ別れに……。
でも、後にメレディスは、クリスティーナの携帯電話に長いメッセージを残します(【メレディスの一言】参照)。辛く悲しい出来事もたくさんあったけれど、いい思い出もたくさんある、と。これを聞いたクリスティーナはメレディスに電話し、「これからもずっとあなたが相方」だと告げるのでした。
……というわけで、次回からは、ミネソタでのクリスティーナの新生活にも注目です。

 

●一時は回復していたマークが……
レクシーを失った悲しみに打ちひしがれるマーク。時折意識を取り戻しては、駆けつけたジュリアにレクシーを愛していたと打ち明けるなどしながら、生きる気力をなくしている状態。けれども突然、重篤だった容体が驚異的に回復します。リチャードは、死期の近い患者によくあることだと事態を冷静に見守りますが、カリー、そしてマークを誰よりも慕うジャクソンはこれを前向きにとらえます。そして、すっかり元気に見えるマークはカリーと談笑したり、手の治療について迷うデレクを激励したり、自分のためにシアトルに残った愛弟子ジャクソンに助言を与えたり。でも、自分の体がこの先どうなるのか、ちゃんと危機感も持っていました。そこで、リチャードの助けを借りながら、万一の場合の治療およびその中止に関する希望を記したリビングウィルを作成。その直後、容体が悪化して昏睡状態に陥ってしまうのです。ジャクソンがマークの蘇生に追われる中、契約が切れた後もシアトルに残っていたエイプリルは、ジャクソンときちんと話もできないままに実家のあるアイダホへ……。
第1話でいきなりマークが亡くなるというショッキングな出来事を見せ、第2話でそこに至る経緯を明かす、この組み立てにより、マークの死がもたらしたメッセージがより鮮明になったような気がします。実に工夫された脚本です。

 

●アリゾナの脚を切断せざるを得なかったカリー
マークのためにジャクソンがシアトルに残ったように、アレックスもまたアリゾナのためにホプキンス行きを延期。本来、あの飛行機には自分が乗るはずだったわけですから、代わりに事故に巻き込まれたアリゾナを置いてシアトルを去るなんてできないですよね。
一方のアリゾナ。やはり、「どうしてアレックスでなく自分がこんな目に!」という怒りを抱えていました。しかも、彼女の脚の状態は悪く、切断が勧められている状況。でも、アリゾナはそれを断固拒否し、カリーに「絶対に脚を切らせないで!」と迫ります。元の元気で明るいアリゾナを取り戻したいカリーはそのアリゾナの要望を聞き入れ、脚を切らずに済む方法を模索します。けれども、デレクのオペの最中にアリゾナの容体は急変。アレックスからその報告を受けたカリーは、脚を切らなければアリゾナの命が危ないと判断。苦渋の決断で、アレックスにアリゾナの脚の切断を指示します。この出来事が、前回のアリゾナの怒り爆発の前段にあったわけです。

 

さて、次回は墜落事故に巻き込まれた医師たちに航空会社が和解の申し入れをしてきます。医師たちは多額の和解金の提示に対して、どのような態度を取るのでしょうか?


【トリビア:ゲスト】
医師のラムジー役は、「トゥルーブラッド」のレティー・メイ・ソーントン(タラの母親)役や「ニュースルーム」のケンドラ・ジェームス役で知られるアディナ・ポーター。

 

【トリビア:原題】
今回のエピソードの原題「Remember the Time」は、マイケル・ジャクソンの曲“Remember the Time”からの引用。


【注目のセリフ】
「『覚えてます? 俺が辞めるって言ったもんで怒って代わりに飛行機に乗ったら墜落。おかげでローラーシューズの代わりに義足になる。すみません』ってか?」by アレックス
 ……決してアリゾナの脚の件はアレックスのせいではないけれど、彼の後ろめたい気持ちは分かる。
「ここはダメ。そこら中に死んだ妹が見える。母親も死んだ。夫はここで撃たれた。ジョージもここで死んだ」by クリスティーナ
 ……こうやって並べると、ほんとうにシアトルって怖い街。
「誰かを愛したら率直に言え。そんなのは間違ってるかもしれないと思っても、たとえトラブルの引き金になるかもしれないと思っても、あるいは人生が燃え尽きて灰になると思っても恐れずに言うんだ。はっきりと。そこから始まる」by マーク
 ……マークのレクシーに対する後悔が伝わってきて切ない……。
「まるでそこにいるんだけど中身は空っぽで、何かの抜け殻みたい。アリゾナらしさが掻き出されたただの抜け殻。彼女を取り戻したい」by カリー
 ……その人らしさを掻き出された抜け殻。グッと刺さるセリフ。


【メレディスの一言】
この街は災難が起きる
出てって正解
厄介事を避けたんだと思う
私なんかほとんどここで育った
そして、確かに痛い目に遭った
この深い傷は一生癒えそうにない
人との思い出がたくさん
二度と会えない人たち
でもほかにもたくさん思い出がある
私はここで恋に落ちた
ここで家族を見つけた
ここで学んで医師になった
人の人生に責任を持つことを学んだ
それに、ここであなたに出会った
だから、この病院に奪われたのと同じぐらい色々与えられてきた
サバイバルしたと同時に人生を楽しんだ
すべてはそう見るかの違い
私はそんな風に見ることを選ぶし、あなたのことをそう思ってる


【曲情報】
♪"All I Want" Kodaline

エンディング、メレディスがクリスティーナに伝言を残し、マークがリビングウィルを残して昏睡状態に陥り、アレックスがアリゾナの脚を切断し、エイプリルが飛行機で実家に戻るシーンで。

2013.7.17|グレイズ・アナトミー9、ストーリーガイド|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/57808078

この記事へのトラックバック一覧です: 7月17日(水) #2「友への言葉」:

コメント

質問なのですが、グレイズアナトミーシーズン9の第一話が終了後の第二話、友への言葉の予告で流れていた曲名は分かりますか?forever♪と言う歌詞だったと思います!色々探しているのですが見つかりません(T_T)もし、知っていたら教えてください!m(_ _)mhappy02

投稿: あーたろう | 2013年7月30日 (火) 01時29分

あーたろうさん、楽曲情報お待たせしました!
記事としてアップしておきましたので、ブログでご確認ください。

投稿: HB | 2013年8月12日 (月) 15時54分

【注目のセリフ】のふたつめって、クリスティーナじゃなくメレディスじゃないですか?妹、母親、夫って。

投稿: yukky | 2013年8月13日 (火) 18時50分

yukkyさん、あのセリフはクリスティーナがメレディスに対して言ったセリフです。いかにも“相方”らしいセリフですよね。

投稿: HB | 2013年8月13日 (火) 22時00分

勘違いしていました ありがとうございました

投稿: yukky | 2013年8月14日 (水) 11時42分

コメントを書く