グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


11月28日(水) #21「前夜のハプニング」

21_3認定医試験の前日、レジデントたちは会場となるサンフランシスコのホテルに到着。ゾラのウィルス性胃腸炎がうつったメレディスは、一人別部屋に隔離される。そんな中、モーガンの息子トミーの容態が悪化。心配したアレックスはシアトルへ戻ってしまう。急遽、審査官を代行するため同ホテルへやって来たリチャードは、同じく審査官としてホテルに滞在しているキャサリンと再会。二人はいい雰囲気になり……。一方、病院ではオーウェンとテディが患者のオペ方針を巡って対立する。


いよいよ認定医試験! 試験を受けるメレディスたちレジデント、そして試験の審査官を務めるリチャード、キャサリンは、試験の前日、会場となるサンフランシスコのホテルに集結。そこでは、思いもよらぬハプニングが……。

 

●リチャードとキャサリンがついに……!!
胃腸炎でダウンした審査官の代役を急遽務めることとなったリチャード。同じく審査官として、試験会場であるサンフランシスコのホテルに宿泊していたキャサリンと再会します。二人はその夜、レストランで食事をしているうちいい雰囲気になり、積極的なキャサリンがリードするかたちでついにベッドイン! しかも翌朝、バスローブ姿のリチャードとキャサリンは、母親の部屋を訪ねてきたジャクソンと顔を合わせる結果に……。
ともあれ、アデルがいながらキャサリンと関係を持ったリチャード。これで2度目の不倫ということになりますが、現地のファンの間ではリチャードを擁護する声も多かったようです。今回の場合は、メレディスの母エリスと不倫した時とは状況が違いますもんね。アデルは、もはやリチャードが自分の夫とは分からない状態で、施設でほかの男性とラブラブ中なわけですから。リチャードの行為は褒められたものではありませんが、彼とキャサリンがこういう関係になったことが、今後の展開にどう影響するのか注目していきたいです。

 

●認定医試験前夜、レジデントたちに起きたハプニングとは!?
師匠であるアテンディングたちに見送られながら、認定試験の会場に向かったレジデントたち。リチャードたちが滞在するのと同じサンフランシスコのホテルに到着するわけですが、こちらもかなり波瀾万丈な展開に!!!

 

まずはメレディス。ゾラのウィルス性胃腸炎をもらってしまったらしく、ホテルのロビーでいきなり嘔吐! その後は、みんなとは別部屋に隔離され、一人吐き気と戦うことに。そして、みんながメレディスを病原菌扱いする中、親友のクリスティーナだけは彼女を気遣います。メレディスとクリスティーナはドア越しに会話をし、その流れでクリスティーナはオーウェンの浮気のことをようやくメレディスに告白。メレディスは、オーウェンを非難する発言をしますが、クリスティーナは必死でオーウェンをかばいます。でも、やはりオーウェンと別れて、遠方の病院に勤めたいと本心を口にします。そんなクリスティーナに対するメレディスの返答の中で面白かったのが、「私のことも置いてくんだ……」というセリフ。メレディスったら、相手がクリスティーナとなると、途端に“女子”モード全開! 親友と離れ離れになるのが寂しいのは分かるけれど、ティーンの女子じゃあるまいし……とちょっと突っ込みたくなってしまいます。

 

一方、ケース・ウェスタン・リザーブ大学付属病院から仕事のオファーをもらっているエイプリルは、その病院で失職の危機にあるケヴィンというレジデントに逆恨みされ、バーで彼に絡まれます。そもそも、認定試験のプレッシャーで半分壊れかけていたエイプリルは、勢いにまかせてケヴィンを殴り、男相手に取っ組み合いの大げんか!(←エイプリル、ぶっとびすぎ!) リチャードが止めに入り、ひとまず部屋に戻ろうとするエイプリルでしたが、ケヴィンを殴った興奮でハイになり、自らジャクソンにキス! そして、何とそのままジャクソンとベッドイン! 神様のために守ってきたヴァージンをついに捨ててしまいました! エイプリルとのこと、ジャクソンはまんざらでもないようでしたが、エイプリルの方は、「神に嫌われた」と自分を責める結果に……。

 

アレックスは、容体が悪化しているモーガンの息子トミーのことが気になり、ホテルからアリゾナに電話を入れます。そして、トミーがオペを受けることになったと知ると、いてもたってもいられずにシアトルにとんぼ返り。でも、もはやトミーを救う手立てはありませんでした……。モーガンも、ここまできたらもう事実を受け入れるしかない。トミーの延命措置を打ち切ることにし、我が子を腕に抱いて最期を看取ります。そばにいてほしいと頼まれたアレックスは、朝までモーガンに付き添い、気がつけば認定試験の開始時刻まであと3時間。試験を諦めかけるアレックスでしたが、アリゾナに「最後まで諦めないで努力して!」と発破をかけられ……。

 

そして、試験開始の時。相変わらず自分を責め続けているエイプリルは悲壮な表情で、ジャクソンは折れてしまった“幸運の鉛筆”に目をやりつつ、クリスティーナは意気揚々と、メレディスは気力で吐き気を抑えながら、それぞれ審査官の待つ部屋へと入っていきます。しかし、そこにアレックスの姿はありませんでした。アレックス、急いで試験会場に向かっているはずなんですが、どうなっちゃうの!?

 

●オーウェンとテディが患者のオペ方針を巡って対立!
シアトルでは、オーウェンとテディが交通事故で搬送された患者のオペ方針を巡り対立。二人のピリピリした空気を敬遠するカリーは、ベイリーに何とか二人の間を取り持つよう言いますが、オーウェンは頑ななテディに辟易して、オペを途中で抜けてしまいます。ここまで来たら言うべきことを言わないと……とベイリーは、「あなただって分かってるはずよ。(ヘンリーの死は)彼の責任じゃないって。彼はあなたという友達を失って、今、妻も失いかけてる。これ以上彼を追い詰めて何になるの!?」とテディに説教。オーウェンがクリスティーナと離婚の危機にあると知ったテディは、試験当日のクリスティーナの近況をそれとなくオーウェンに伝えることで、歩み寄りの姿勢を見せます。これで、ようやくテディとオーウェンの溝も埋まっていきそう!?

 

●マークに思いを告げられないレクシー
マークから友達になりたいと告げられたレクシー。本当はまだ愛しているとマークに伝えられず、苦い思いをします。そして、ゾラの看病で徹夜していたデレクに、その胸の内を吐露。なんて切ない……。

 

なお、今回のエピソードの監督は、ベイリー役のチャンドラ・ウィルソンでした。今シーズン第3話「ポストイットの重み」でもメガホンをとっている彼女。今シーズン2度目、全シーズンを通して6度目の監督業を見事にこなしてくれました。現地アメリカで放送中のシーズン9でも、チャンドラの監督エピソードがあるとのこと。楽しみですね。


【トリビア:ゲスト】
ケヴィン役は、「NIKITA/ニキータ」のネイサン・コルヴィル役などで知られるサッド・ラッキンビル。

 

【トリビア:原題】
今回のエピソードの原題「Moment of Truth」は、Fm StaticやTyler James Williams、Survivorらの同名曲“Moment of Truth”からの引用。


【注目のセリフ】
「さすがだな、2分で嫌われるなんて」by アレックス
 ……確かにエイプリル、嫌われる才能には長けている!?
「あれはひどい。張り詰めてるし冷たいし危険。爆弾処理してるみたい、それも幽霊屋敷で。その屋敷の周りは地雷原、クマがうじゃうじゃいて、そのクマはナイフを持ってる」by カリー
 ……テディとオーウェンの緊張した関係を、ここまで具体的に例えられるカリー、どうも文才がありそう。
「魔法の鉛筆持ってんだ? へえ、めっちゃ気になる。ねえ、それどういう魔法使えんの? 止めたりできる、あれ」by クリスティーナ
 ……ママが持ってきた鉛筆のせいでからかわれるジャクソン。クリスティーナがその魔法の鉛筆で止めてほしかったのは、もちろんエイプリルのメソメソ!


【メレディスの一言】
幼稚園、高校、大学、メディカル・スクール、研修期間
すべてこの時のためにある
ある者はプレッシャーに潰され
ある者は耐える
どちらにしても、もうできることはない
否応なしにその時は来る
あとはその時を逃さなければいい


【鑑賞MEMO】
ナイン・インチ・ネイルズ

「今見てるインターンは、“壊死組織のデブリ”をナイン・インチ・ネイルズのアルバムのタイトルだと思ってる」とレクシーに愚痴をこぼすマーク。ナイン・インチ・ネイルズとは、アメリカ、オハイオ州のクリーブランドで結成されたインダストリアルバンドのことです。
ちなみに、シーズン4の第14話の原題「The Becoming」は、彼らの楽曲“The Becoming”からの引用でした。


【曲情報】
♪"This Head I Hold" Electric Guest

オープニング、エイプリル、ジャクソン、クリスティーナらが、アテンディングに見守られて認定試験を受けに行くためバスに乗り込むシーンで。
♪"People in Her Mind" Poor Moon
認定試験の会場のホテルのロビーで、エイプリルが他院の医師ケヴィンに嫌われ、ウィルス性胃腸炎をゾラにうつされたメレディスが嘔吐するシーンで。
♪"The Sun" The Naked and Famous
ホテルのバーでエイプリルがケヴィンとケンカを始めるシーンで。
♪"All or Nothing" Au Revoir Simone
クリスティーナがドア越しにオーウェンの浮気のことをメレディスに告白し、エイプリルがジャクソンにキスをして部屋になだれ込み、リチャードがキャサリンとレストランで食事しながらアデルの件を話すシーンで。
♪"Lakehouse" Of Monsters and Men
レストランで食事をしていたリチャードとキャサリンがいい雰囲気になり、会計を頼んで部屋に移動し、ベッドインするシーンで。
♪"80 Miles" Washington
クリスティーナがドア越しのメレディスに、遠くに行くかもしれないと話し、アレックスに付き添われながら、モーガンが自分の腕の中でトミーを看取るシーンで。
♪"Young Blood" Birdy
エンディング、レクシーがマークへの思いをデレクに吐露して泣き、テディがオーウェンに自分から話しかけ、エイプリル、ジャクソン、クリスティーナ、メレディスがそれぞれ面接の部屋に入るも、アレックスは試験会場に姿を見せないシーンで。

2012.11.28|グレイズ・アナトミー8、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/56195287

この記事へのトラックバック一覧です: 11月28日(水) #21「前夜のハプニング」:

コメント

コメントを書く