グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


8月22日(水) #7「逆転のストーリー」

07シアトル長老派病院とソフトボールの試合を行うこととなり、監督のオーウェンはメンバーを集めて練習を行う。一方、メレディスとデレクがゾラの件で家庭裁判所の意見聴取に呼ばれるのを待っている中、ゾラが転院する見込みとなる。ゾラの件で責任を感じているアレックスは、一人家庭裁判所に向かい……。また、病院ではデレクとレクシーが視床下部過誤腫の少女を担当。オーウェンとカリーは、手に損傷を負ったゴミ収集作業員の処置に当たる。


●シアトル長老派病院とソフトボールで対決!
シアトル長老派病院のチームとソフトボールの試合を行うことになったシアトル・グレース・マーシー・ウェストの面々。監督を務めるオーウェンはやる気満々! 張り切って練習を仕切るものの、ほかのメンバーたちのテンションは……。それでもめげないオーウェンは、ヘンリーが元プロ野球選手だと知ると、彼を臨時で事務補佐に雇い入れてチームに加えます。
そして、いよいよソフトボールの試合の日。シアトル長老派病院チームに、まったく歯が立たないシアトル・グレース・マーシー・ウェストチーム。コールド負けが現実的になってきた矢先、外野ではメレディスとベイリーがケンカを始めます。原因は糖尿病の臨床試験。母エリスの日記を読み返し、彼女の仮説が間違っていたことに気付いたメレディスが問題の原因を突き止めたのですが、それがベイリーには気に入らなかったのです。自分の臨床試験に勝手に手を出したメレディスに対し、徹底的に辛くあたるベイリー。それに対しメレディスが「何が気に入らないの?」と珍しく応戦したもんだから(お酒の力か!?)、二人は激しい言い合いに。リチャードはそんな二人の間に割って入り、「気に入らなくても臨床試験ではメレディスの手を借りろ」「産婦人科から外科に戻ってこい」とそれぞれを一喝! おかげでメレディス、今後は外科に戻ってベイリーの臨床試験を手伝っていくことになりそうです。
一方、お粗末なピッチングをしていたテディに代わってピッチャーに抜擢されたレクシーは、相手チームの眼科医ジュリアにわざとボールを当てるという暴挙に出ます。実はこのジュリア、マークの新恋人。レクシー、嫉妬心丸出しでしたね。結局、このレクシーの行為にシアトル長老派病院が猛抗議してコールドゲームを宣告。波乱の中、試合は終了となります。ボロ負けした上に相手チームを怒らせ……と、さんざんな結果でしたが、「俺の人生で最高のチーム」というオーウェンのスピーチでみんなが一つにまとまれたし、これはこれでチャレンジした意味があったのではないかと思います。最後のお酒の回し飲みシーンも楽しそうでしたし(特にエイプリル!)。
ただし、表情が暗かった人物が一人。もちろん、それはジャクソン。レクシーの気持ちがまだマークにあることを思い知らされちゃったかな?

 

●ゾラの件に進展! 実はアレックスのおかげ
ゾラの件は大きな進展がなく、メレディスとデレクは、家庭裁判所の意見聴取の日が決まるのを待っている状況。そんな中、ゾラのカルテが請求され、ゾラは転院する見込みとなります。入院先の病院に里親候補がいるのは利害の対立につながると家庭裁判所が判断したのです。
ゾラの件では大いに責任を感じていたアレックスは、珍しくシャツにネクタイを締めて家庭裁判所へと向かいます。そして、職員の女性をうまく抱き込んで担当の判事を突き止めると、彼を訪ねてゾラのファイルを見てくれるよう直談判。それが功を奏したのか、ソフトボールの試合後、メレディスとデレクのもとにはジャネットから嬉しい知らせが届きます。意見聴取の日が決まった、と! 実は裏で自分が動いたことはあえて口に出さず、この結果に満足するアレックス。今回は心ある一面を大いに見せつけてくれました。

 

●前例のないオペを見事成功させたデレク
デレクとレクシーは、視床下部過誤腫の少女カリッサを担当。ほかの医師は不可能とした過誤腫全摘を成功させるべく、デレクは前例のない経脳梁的アプローチを試そうとします。しかし、カリッサの母シェリルは、全摘はできなくてもいいから安全な方法を取ってほしいと懇願。それなら……と、デレクはシェリルに別の医師を紹介しようとします。ゾラの件で、ただ連絡を待つことしかできない状況を強いられていたデレクは、その場しのぎの処置に甘んじるのが耐えられなかったのです。でも、オーウェンにハッパをかけられると、安全な経脳梁的アプローチの方法がないかを探ります。そして、レクシーの何気ない言葉にヒントを得て名案を思い付くと、自らシェリルを説得してオペに承諾させます。そして、慎重を要する難しいオペを見事成功させるのでした。さすが!

 

●カリーが芸術的手技で患者の指を再建。クリスティーナはテディから卒業!
ゴミ収集車から転落した作業員カールが搬送され、オーウェンとカリーが治療を担当します。カールは手にひどい損傷を負っていて、指を失う恐れがあったものの、彼の趣味が版画であることを知ったカリーは、何とかして指を再建しようと決意。エイプリルとともに大がかりな処置に挑みます。ところが、オペの最中に、カールの容体が急変。動脈解離を起こしていることが分かり、クリスティーナが呼ばれます。けれども、まだオペを行う準備ができていなかったクリスティーナはエイプリルに処置を任せます。そして、そこに登場したテディは、クリスティーナが自分でメスを握ることより患者のためにチームワークを優先したことに驚きます。
オペの後。しごきはもう終わりだとクリスティーナに告げるテディ。手がけたいオペのリストを出すよう言います。これはクリスティーナにとって何よりのご褒美。この日、テディの指示で本来ならインターンがやるべき血管形成術をやらされて悶々としていた彼女も思わずニッコリです。

 

なお、今回のエピソードの監督は、ジャクソンの母キャサリン役で番組に登場したデビー・アレンでした。前回は、エピソードの監督として活躍したケヴィン・マクキッド(オーウェン)を、今回はソフトボールの監督としてうまく使っていましたね。そんなデビー・アレンですが、今シーズン終盤では女優として(ジャクソンの母キャサリンとして)番組に再登場することになるようです。どうぞご期待を!


【トリビア:ゲスト】
ジュリア役は、「ゴシップガール」のモーリーン・ヴァンダービルト役などで知られるホリー・フェイン。
シアトル長老派病院のマクデュガル部長役は、映画「ゴーストバスターズ」シリーズで有名になり、「OZ/オズ」のレオ・グリン役や「HEROES/ヒーローズ」のラボック役などでも知られるアーニー・ハドソン。

 

【トリビア:原題】
今回のエピソードの原題「Put Me in, Coach」は、John Fogertyの曲“Put Me in, Coach”からの引用。


【注目のセリフ】
「再利用すればいい。僕が死んだらオークションに出せば?」by ヘンリー
 ……ちょっと笑えないかも。
「腕前は前と同じ。優秀なのは変わらない。だけど今日はチームワークを大事にした。自分のことより患者を優先した。私はそれを見たかったの」by テディ
 ……クリスティーナ、ついにテディ独自のテストに合格!
「私のボスじゃないでしょ!」by メレディス
 ……ベイリー相手にこの物言い……。酒の力は恐るべし。
「ピンクの手術着なんか脱いでさっさと天職に戻って来い」by リチャード
 ……リチャードにもピンクの手術着は不評だったみたい。
「君たち全員、ソフトボールの腕は全然ダメだ。だが、医師としては一流だ。そういうチームを仕切れて鼻が高い。全員揃ってるいい機会なんで伝えておく」by オーウェン
 ……ソフトボールの監督としては失敗したオーウェンだけど、部長としての監督ぶりはずいぶん板に付いてきたよう。


【メレディスの一言】
私たちは負けるときもある
でも、怠けたりはしない
いちかばちかに賭けて勝負に出る
バットを振り抜く
時にはもちろん三振になる
でも、時にはホームランを打つ


【鑑賞MEMO】
視床下部過誤腫

てんかんの原因となる非常にまれな脳の難病。脳の最も深部に位置しているためオペが難しく、オペ後の後遺症も数多く報告されてきました。しかしながら、近年では安全性と有効性に優れたオペ法が開発されている模様。たとえば国内では、国立病院機構西新潟中央病院がこの病気に対する優れた治療を提供しており、今年5月、この病気を患う7歳のブルガリアの少女のオペを成功させています。


【曲情報】
♪"Mix Tape" Big Scary

オープニング、メレディスとクリスティーナがグラウンドの芝生に寝そべって雲を眺めるシーンで。
♪"Rock Bottom" Pablo Sebastian
テディがクリスティーナに“卒業”を言い渡し、メレディスが糖尿病の臨床試験の問題を突き止め、デレクとレクシーがオペの成功をカリッサの母に伝え、指を残してくれたカリーに患者のカールが感謝し、アレックスが判事にゾラの件を直談判するシーンで。
♪"High Road" Tennis
エンディング、ソフトボールの試合後にみんなが酒を回し飲みした後、次々と帰宅していくシーンで。

2012.8.22|グレイズ・アナトミー8、ストーリーガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/55428732

この記事へのトラックバック一覧です: 8月22日(水) #7「逆転のストーリー」:

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株の初心者 | 2012年8月27日 (月) 14時24分

コメントを書く