グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


12月7日(水) #21「生き残る術」

Bamen21_8チーフ・レジデント選考の最終面接が行われる日となり、クリスティーナはオーウェンの下で精一杯アピール。メレディスは臨床試験の不正をアレックスに告げ口されるのではという不安を抱えつつ、ゾラの養子縁組に関するソーシャルワーカーの面接を受ける。一方、ルーシーはベイラー大学の募集に受かる。そしてアレックスは、アフリカのクリニックで働いたらどうかとアリゾナに勧められる。同じ頃、ヘンリーはテディがパーキンスとドイツに行くつもりだと知り…。


いよいよ、チーフ・レジデント選考の最終面接が行われる日がやってきました。

 

Bamen21_2_2オーウェンの下について最後のアピールに賭けているクリスティーナは、喀血で入院したポールを担当。検査の結果、肺にモミの木の芽が入り込んで育っていることが分かります。珍しい症例に恵まれ、クリスティーナはテディに報告せずに自分でオペをしようともくろみますが、エイプリルがテディらに告げ口! でも、患者本人の希望により、最終的にはクリスティーナが執刀を任されます。これにはご満悦のクリスティーナ。ただしこの一件が、彼女にチーフ・レジデントの資質がないことをあらためてオーウェンに悟らせる結果に…。「君はチーフ・レジデントに向いていない」とはっきり言われショックを受けるクリスティーナ。けれども、「最高の外科医を目指せ」というオーウェンの言葉にはグッときた様子でした。オーウェン、さすがは夫。妻の適正をよく見抜いています。
ちなみに、肺から木という今回の症例、実話が元になっているようです。2009年、胸の痛み、吐血などの症状などから肺がんと診断されたロシアの男性が生検のために組織の一部を採取する処置を受けた結果、肺の中でモミの木が5cm大に育っていたことが判明したんだとか。昨年は、肺からエンドウ豆の芽が出たという例もアメリカで報告されています。びっくりですね。

 

Bamen21_3さて、クリスティーナのことを告げ口したエイプリルは、診察用のチェックリストを導入し、その有用性をオーウェンに訴えて点数を稼ごうとします。一件地味なアピールポイントではありますが、その裏には、以前患者を死なせたことについての彼女自身の反省が。単純な手順を怠りさえしなければ患者は今も生きていただろうという思いが、チェックリストに込められていたんですね。クリスティーナには思いっきりこき下ろされていたエイプリルですが、彼女のひたむきさ、真面目さは評価してあげたいです。

 

リチャードの臨床試験の助手として成果を上げたジャクソン。せっかくチーフ・レジデントの椅子に近付いたのに、いきなり助手を降りてしまいます。臨床試験がハーパー・エイヴリー賞の候補となった場合、ハーパー・エイヴリーの孫である自分の名前があればリチャードが受賞を逃すことになりかねないと危惧したのです。オーウェンはなぜジャクソンが助手を降りたのか、その理由に気付いて彼を諭しますが、今のジャクソンはチーフ・レジデントを逃してもレクシーがいるだけで満足といった様子。ジャクソン、もうちょっと野心を持ってもいいのでは? リチャードを気遣う気持ちも、祖父の七光りで成功したくないという意地も分かるけれど、レクシーさえいれば…だなんて、何だかもったいない気がします。

 

メレディスは臨床試験の不正についてアレックスに告げ口されてしまうのではとヒヤヒヤ。そんな中、この日はゾラの養子縁組に関するソーシャルワーカーの面接を受けます。事前に準備はしていたものの、緊張のあまり模範的な答えができなかったメレディス。良い印象を与えなかったのではないかと不安になりますが、むしろソーシャルワーカーは、メレディスがゾラの1日を把握していることに好印象を持ったみたい。メレディスはゾラのママになれるのか!?

 

一方、パーキンスから一緒にドイツに行こうと誘われたテディ。どうやら、彼に付いて行く方向に気持ちが傾いているよう。それを知ったヘンリーは、患者としてではなく、一人の男性としてテディに見てもらいたい→そのためには自分の保険が必要→保険のためには仕事が必要→仕事のためには5分後に低血糖発作を起こしているわけにはいかない→糖尿病の臨床試験を受けたい、というわけで、リチャードに自分を被験者にしてほしいと頼み込みます。もともとヘンリーとテディの結婚を良く思っていなかったリチャードですが、ヘンリーがパーキンスと張り合おうとしているのだと知ると、「弱い方を応援したくなる」と言って、彼を被験者とすることに同意。晴れてヘンリーは前の仕事に復帰します。
けれどもその頃、テディはついにドイツ行きを決意! ヘンリーは、本心とは裏腹に離婚を申し出ます。切ないですね…。

 

Bamen21_7ケガからすっかり回復したカリーの方は、産休明けでいよいよ仕事に復帰。マークがソフィアを連れて病院にやって来たため、危うく母親モードに戻りそうになりますが、何とか仕事を片付けます。そして、ソフィアを抱いて家路へ。カリー、そしてアリゾナもマークも本当に幸せそう。その一方で、育児に幸せを見いだしているマークの姿を見たレクシーは、複雑な心境に陥っている様子。でも、彼の幸せを全面的に祝福します。レクシー、ちょっとは大人になったか!?

 

そして、チーフ・レジデントの椅子に最も近い男(?)アレックス。彼がアフリカから呼び寄せた子どもたちの治療も一段落。アフリカへ帰国するアベナとその姉のリボを見送りますが、病院を出た途端、リボが痛みを訴えて倒れてしまいます。原因は腹部出血。この時初めて、リボは自分が妊娠中であることを医師たちに告げます。妹のアベナにずっと付きそうつもりだった彼女は、妊娠のことを知られれば一緒に飛行機に乗れなくなるかもしれないと考え、今まで黙っていたようです。
アリゾナ、ベイリー、ルーシー、アレックスは、その後リボのオペを開始。開腹した結果、出血の原因は胎盤剥離と分かります。さらに、胎児が子宮の外で育っているという信じがたい事実も明らかになります。これはとてもまれなケース。どうやらエコーでも見逃されていたようです。結局、オペは成功して、リボ、取り上げられた赤ちゃんともに無事でした。
それにしても、子宮外妊娠で赤ちゃんが育つなんてことがあるのか? 肺から木と同様にこちらもちょっと調べてみたところ、2008年、オーストラリアで子宮外妊娠し卵巣で胎児が発育していた女性が、無事妊娠9カ月で帝王切開により赤ちゃんを出産したというニュースが。今年、子宮外妊娠と知りながら妊娠継続を望んだアメリカ・アリゾナ州に住む女性が32週で赤ちゃんを出産したというニュースも見つかりました。本当に、こういう事例があるものなんですね。
さて、姉妹の方はいよいよアフリカに帰るわけですが、アレックスは彼女たちのその後を心配します。すると、アリゾナは「2人と一緒にアフリカに行ったら?」とアレックスに提案。アフリカのナンボジ・クリニックが人材を募集しているというのです。メディカル・スクールのローン免除を受けられるというメリットもあるとのことで、アレックスはどうするか悩みます。

Bamen21_4そんな中、アレックスと交際中のルーシーにも動きが。彼女、かねてより応募していたベイラー大学に採用されたのです。しかし、ベイラー大学はテキサス。ということは、アレックスとは離ればなれに…。「行くな!」とアレックスに引き留めてほしかったルーシーですが、アレックスは「受かって良かったな」とあっさり。ショックを受けたルーシーは、な、なんと! ベイラー大学ではなく、アレックスにオファーが来ていたナンボジ・クリニックの仕事を横取り! これには、アレックスも怒り心頭です。ルーシーとのことを考え、シアトルにとどまると決断した矢先のことだっただけに、彼のショックがどれほどのものだったかは察するに余りあります。かわいそうなアレックス、まさに“シアトル・グレース・マーシー・デス”!
しかし、まずかったのはこの後のアレックスの行動。ルーシーに裏切られた鬱憤を晴らすために、メレディスの不正をオーウェンにバラしてしまったんです! 今までメレディスにはさんざん世話になってきたにも関わらず、彼女を売るようなマネをするなんて…。

 

次回はいよいよシーズン・フィナーレ。不正がバレたメレディスにはどのような処分が!? チーフ・レジデントは誰に!? そして、クリスティーナには新たな問題が勃発!? 何やら大荒れの予感がします…。


【トリビア:原題】
今回のエピソードの原題「I Will Survive」は、Gloria Gaynorの曲“I Will Survive”からの引用。


【注目のセリフ】
「私が縫うのは皮膚」by メレディス
 ……服を縫えなくても皮膚は縫える。さすが外科医。
「あんたが几帳面なのも当然だね。バージン力があるもん」by クリスティーナ
 ……バージン力、すごい例え。
「俺が嫉妬してるのはその髪じゃない。他に理由がある。お前なら大丈夫だ」by マーク
 ……デレクに対するユーモアのある励まし方がイイ。
「私も割り切っただけ。時にはサメにならなきゃ」by ルーシー
 ……女は怖い。心底そう思わされます…。


【メレディスの一言】
適応するか死ぬか
何度もそのフレーズを聞くけど、簡単にはいかない
結局、私たちは人間
愛を求める
成功を求める
最高の自分になりたい
そのために必死で闘う
そうじゃなかったら、むなしい


【病名MEMO】
鎌状赤血球症

遺伝性の貧血病で、赤血球の形状が鎌状になり酸素運搬機能が低下して起こる貧血症。ほとんど黒人に限って生じる。
アレックスは鎌状赤血球症のリボとアベナのことを心配していた。


【曲情報】
♪"Second Chance" Peter Bjorn & John

オープニング、クリスティーナがオーウェンとのセックスを拒み、メレディスがオーウェンとの面接についてアレックスと話をし、歯磨きをしながらレクシーがジャクソンにオーウェンとの面接で自分をアピールしろとけしかけ、ルーシーがベイラー大学の募集に受かったことをアレックスに伝えるシーンで。
♪"Come Home" Yael Naim
メレディスがソーシャルワーカーとの面接のアドバイスをクリスティーナに求め、クリスティーナがアレックスにアフリカ行きを勧め、ソフィアを抱くマークの姿を見て複雑な思いを抱いたレクシーがクリスティーナに愚痴り、肺に木が生えた患者のことをエイプリルがリチャードとテディに話したとは知らず、クリスティーナがエイプリルに礼を言うシーンで。
♪"Entwined" Tim Myers
ソフィアを抱くマークとレクシーが話をし、レクシーがマークの幸せを祝福するシーンで。
♪"The Night Will Always Win" Elbow
オーウェンがクリスティーナに、チーフ・レジデントの素質がないと言い切り、アレックスがルーシーにアフリカの仕事を横取りされたことを知るシーンで。
♪"I've Got A Feeling" Calahan
ジョーの店で、アレックスがルーシーにアフリカの仕事を奪われたことをクリスティーナに伝え、エイプリルがチェックリストの有用性をクリスティーナに訴えるシーンで。
♪"Love More" Sharon Van Etten
エンディング、パーキンスとドイツに行くと聞かされたヘンリーが彼女に離婚してくれと言い、ソフィア、カリー、アリゾナと一緒に帰って行くマークをレクシーが見つめ、そんなレクシーにジャクソンが臨床試験の助手を降りたことを報告してキスをし、アレックスがジョーの店でメレディスの不正をオーウェンにバラすシーンで。

2011.12. 7|グレイズ・アナトミー7、ストーリーガイド|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/53431304

この記事へのトラックバック一覧です: 12月7日(水) #21「生き残る術」:

コメント

来週て終わりですか・・・凄く凄く寂しくなりますね、いつも分かりやすく書いて下さってありがとうございましすグレイズアナトミープラスグレイズアナトミーブログ大好きです(^O^)

投稿: ウィンチェスター | 2011年12月 9日 (金) 16時39分

肺から木、実話が元になってたなんて驚きました!
チーフレジデントは気になるけど、寂しいからまだ終わって欲しくないよ~(ToT)
アレックスがばらしたメレディスの件…シーズンラストにきて波乱の予感ですね(:

投稿: ゆき | 2011年12月11日 (日) 20時43分

コメントを書く