グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


3月9日(水) #19「人生の適齢期」

Bamen19_aリチャード&レクシー&エイプリルは、癌が再発した患者アリソンの腫瘍摘出オペを無事成功させる。レクシーは、喜ぶ夫ゲーリーをさっそくアリソンと対面させようとするが、アリソンは術後に脳卒中を起こし、昏睡状態となってしまう。そんな中、アレックスの弟アーロンがシアトルを訪れ、兄と7年ぶりの再会を果たす。アレックスは弟の突然の来訪に戸惑うものの、彼が臍(さい)ヘルニアだと知ると、無償オペをベイリーに頼み込み…。


【STORY】
アレックスの弟アーロンが、兄を訪ねてシアトルにやって来る。実に、アレックスに会うのは7年ぶりのこと。アーロンは、突然の来訪に困惑するアレックスに、自分のお腹の膨らみを見せる。臍(さい)ヘルニアだ。アレックスはすぐにアーロンのオペの手続きを進めようとするが、彼はお金もない上に無保険と判明。アレックスはベイリーに無償オペをしてほしいと頼み込む。ベイリーは、最初から快くオペを引き受けるつもりでいたが、からかい半分でアレックスに今後1カ月分のオペの予定を組むという面倒な仕事を押しつけた上でOKの返事をする。
そして、執刀医となるベイリーと助手につく予定のメレディスは、アーロンから意外な話を聞く。アレックスの父親はジャンキーで、母親は心を病んでいたこと。妹のアーバンを含むカレフ兄弟は、みな里子に出されていたこと。中でもアレックスは5年で17軒もの里親の元をたらい回しにされ、食べていくために食料を万引きし、少年院に入ったことすらあったこと。ベイリーとメレディスは、アレックスの知られざる過去に驚く。

Bamen19_2一方でアレックスとは正反対に、気さくで人懐っこい性格のアーロンは、アリゾナやレクシーらとも親しげに会話。その流れで、アレックスが癌を患ったイジーと結婚したこと、その結婚がすぐに破綻したことなどを知って驚愕。大事なことを報告せず、家族と疎遠にしている兄への不満を爆発させ、アレックスと取っ組み合いの大ゲンカを繰り広げる。メレディスやベイリーが仲裁に入り、ひとまずケンカは収拾するが、アーロンは腹痛を起こしてしまい…。
その後、アーロンのオペは無事に終了。術後のアーロンに会いにいったアレックスは、外科医としてのキャリアを積みながら、家族の面倒を見るのは無理だとアーロンに説明する。これに納得したアーロンは兄と和解し、アイオワの実家へと帰っていく。

 

Bamen19_6リチャード&レクシー&エイプリルは、癌が再発した患者アリソンを担当。腫瘍摘出のオペを成功させるが、アリソンは術後に脳卒中を起こして昏睡状態となってしまう。アリソンは3年前に延命治療を拒否する書類にサインしていたため、病院側としては人工呼吸器を外すしかなかったが、アリソンの夫ゲーリーは頑として納得せず。人工呼吸器を外さないでくれと懇願し、責任者と話をさせろと要求する。デレクは外科部長として、亡きアリソンの事前指示書にもとづき、人工呼吸器を外すしか道はないとあらためてゲーリーに説明。その後、レクシーはやむなくアリソンの人工呼吸器を外すが、リチャードはゲーリーの心情にも理解を示す。

 

オーウェン&テディ&クリスティーナ&カリー&ジャクソンは、犯人に撃たれて負傷した警官ジーナを担当する。ジーナはたった1人で3人の犯人たちを相手にするという無謀な行動を取ったため、免職処分になるかもしれないという状況。4カ所も被弾しており、すぐにもオペが行われようとしているのに、仕事のことばかり心配する。夫のジミーはそんな彼女に対し、「刑事になったら家を買って子どもを作ろうと約束しているのに、君は昇進できそうになると無茶なまねをする。僕は君と平凡で幸せな人生を送りたい」とこれまでの不服をぶつける。
その後、ジーナのオペが行われるが、途中、クリスティーナが心臓の脇の出血を止めようとした際、体内に残っていた不発弾が爆発。オーウェンはクリスティーナのミスだと、必要以上に激しく彼女を叱責。カリーやテディがフォローにまわり、そのままオペは続行される。結局、ジーナは合併症により腹部で大量出血を起こし、止血のために子宮摘出を余儀なくされる。
術後に目を覚ましたジーナは、子宮を摘出したと聞かされてすっかり打ちのめされる。そして「たかが仕事」と、これまでの仕事へのスタンスを見つめ直し、クビになるのを覚悟してジミーの望む生活をしようと決心する。ところがそこに、免職処分にはならなかったとの知らせが届く。駆け付けた警官仲間に祝福されてジーナは喜ぶが、その横で、ジミーが見せる複雑な表情をカリーは見逃しはしなかった。

Bamen19_7 こうして、ジーナとジミーの夫婦を通して、子どもを持つ適齢期についてあらためて考えさせられたカリー。ベイリーから「子どもを持つ適齢期などない」と言われ、勇気を出してアリゾナとこの問題に向き合うことにする。

 

メレディスは、デレクから子作りをしようと言われて戸惑う。いい母親になる自信がないメレディスだったが、アレックスから「お前はお袋さんに似てない。いい母親になる」と励まされ、前向きに考える気持ちになる。

 

憂鬱状態が続くオーウェン。クリスティーナはセラピーを再開するよう言うが、オーウェンは耳を貸さない。オーウェンという人間をよく知るテディは、指図しない方がいいとクリスティーナにアドバイスする。
その一方で、オーウェンはオペ中の会話からクリスティーナが子どもを望んでいないと知っていら立つ。けれども、クリスティーナが自分を怖がっていると知ると、セラピーを再開すると決める。

 

エイプリルは、デレクに恋心を抱き始めていた。それに気付いたレクシーは、「デレクは私の姉と結婚してる」とエイプリルに釘を刺す。

 

テディはオーウェンのことが気になりながらも、マークと関係を続ける。そして、2人でマークの部屋で過ごしていたところに珍客が現れる。それは、出産が迫ったスローンだった!


【今回のMVP】
アレックス!

Bamen19_4 アレックスの家庭環境は複雑だったのだろうとは思っていたけれど、5年で17軒もの里親の元をたらい回しにされた上、少年院に入ったこともあるとは驚き。しかし、彼がいかに弟や妹のために努力してきたかは、素直な好青年に育ったアーロンを見れば一目瞭然。今は一人前の外科医になることを目指して邁進するあまり、家族と距離を置くアレックスだけれど、ゆくゆくは今以上にいい関係を築いていけるような気がする。
ベイリーが、そんなアレックスの努力に敬意を表する一方で、アーロンからアレックスの過去を根掘り葉掘り聞こうとしていたのは笑えた!


【メレディスの一言】
子育ては世界一大事な仕事
子育ての免許制度があってもいいくらい
そうなったら、ほとんどの人は筆記試験も通らない
中には達人もいる
生まれつき得意
ほかの才能に長けた人もいる
でも、ありがたいことに、生物学上子育ては1人でやらなくていい
一生悩み続けてもいい
でも、自分がどんな親になるのか知る方法は、あれこれ話すのをやめること
実行あるのみ


【今回のゲスト】
ゲーリー役は、「ザ・ホワイトハウス」のシークレットサービス、ロン・バターフィールド役のマイケル・オニール。
ジーナ役は、映画『デンジャラス・ビューティー』などへの出演で知られるウェンディ・ラクエル・ロビンソン。
アーロン役は「crash クラッシュ」のボー役のジェイク・マクラフリン。
ジミー役は「デクスター ~警察官は殺人鬼」のアントン役のデヴィッド・ラムゼイ。
アリソン役は、映画『悪魔のいけにえ2』のヴァンティア・ブロック役などで知られるキャロライン・ウィリアムズ。


アレックスの弟アーロンの登場が印象的だった今回。アレックス、幼い頃から苦労してきたのに、エヴァの件を乗り越えたあとにイジーの癌、そして結婚・離婚(正式な離婚の書類をイジーが送ってきたとのこと!)等々、常に試練にさらされる運命をたどってきたのだなあ、と実感。それだけに、最近のアレックスの成長にはベイリーじゃなくても感動を覚えるというもの。
一方で、今回のエピソードのもう1つの軸だったのが「子作り」というテーマ。メレディスとデレクの間にも子作りの話題が出たし、オーウェンはクリスティーナが子どもを持ちたくないと知って困惑するし、カリーはついに子どもの話をアリゾナと真っ向から話し合うことにしたし。
仕事を優先にしてきた末、被弾後のオペで子宮摘出を余儀なくされた女性警官とその夫、子どもを持たなかったゆえ、唯一の家族である妻の人工呼吸器を外すことを受け入れられない夫も登場。それぞれの生き方、価値観には考えさせられるものが。
そして、もう1つ目が離せないのが、いきなりマークの前に再び姿を現したスローン。どうやらお産が近付いているようだけれど、赤ちゃんは養子に出される予定。マークを含めた周囲は、スローンのお産にどう反応するのか!? 次回も見逃せません!

2011.3. 9|グレイズ・アナトミー6、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/51080820

この記事へのトラックバック一覧です: 3月9日(水) #19「人生の適齢期」:

コメント

コメントを書く