グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


11月10日(水) #5「侵略のはじまり」

Bamen5_aついにシアトル・グレース病院が、マーシー・ウェストと合併。シアトル・グレースの面々は、マーシー・ウェスト組を侵略者と見なし、患者を取り合って対立する。イジーはマーシー・ウェストから来たチャールズと組み、末期の腎疾患で移植を予定している患者を担当。2人はうまく打ち解けたかに見えたが…。一方、アレックスは、マーシー・ウェスト組のリードと患者を取り合って…。


【STORY】

Bamen5_3_2ついに、シアトル・グレース病院がマーシー・ウェストと合併する日がやって来た。シアトル・グレースの面々は、マーシー・ウェスト組を侵入者と見なして戦々恐々。ジョージが使っていたロッカーの使用をめぐり、両者はのっけから対立する。その後、シアトル・グレース組は、それぞれマーシー・ウェスト組と組んで仕事にあたることに。閉鎖されたマーシー・ウェストのERの患者はみなシアトル・グレースに搬送され、一同はマーシー・ウェストのやり方にならい、ゾーン制で患者を受け持つ。術後、まだ入院中のメレディスは、マーシー・ウェスト組を“イナゴ”と呼び、自分たちのテリトリーを守るようみんなにハッパをかける。
クリスティーナはジャクソン・エイブリーと組み、ケンカで負傷した2人の男性、ドンとフランクを担当する。ケガの原因は、ドンの19歳の娘ジーニーと年齢差のあるフランクの交際の発覚。いまだ興奮収まらない様子のドンは、駆け付けたジーニーがフランクにキスするのを見てさらに激高し、カナヅチを手にフランクに襲いかかろうとする。しかし、それをすかさずジャクソンがブロック。ジャクソンは、周囲の者から拍手喝采を受け、オーウェンからも評価される。クリスティーナは、「このままではオペに参加できなくなる」とすっかり意気消沈。メレディスの病室に行き、指導者の不在により長いこと心臓外科について学べていない現状への不満を吐き出す。メレディスは、すすり泣くクリスティーナを抱き寄せ、慰める。
レクシーは、マーシー・ウェスト組のエイプリル・ケプナーと組み、不法侵入した家の住人にゴルフクラブで殴られた強盗ビリーを担当する。胸椎を骨折しているビリーに対し、異なる治療法を提案するレクシーとエイプリル。結局、執刀医のデレクはエイプリルの案を採用。レクシーはショックを受ける。
一方で、レクシーのことを気に入ったビリー。すっかりエイプリルにやり込められているレクシーに、ある切り札を渡す。それは、こっそり盗み出したエイプリルが肌身離さず持っていたノート。その中には、エイプリルが自分のことを「優秀な名医」と励ます文句や、美容整形を受けたという秘密などが書き込まれていた。
そして、いよいよビリーのオペの時。デレクの前で点数を稼ごうとするエイプリルに対抗するべく、レクシーはノートに書き込まれていた文句を暗唱して、エイプリルに屈辱を味わわせる。してやったりのレクシーだったが、エイプリルのノートに涙の跡を見つけて、相手の弱みにつけ込んだ自分を反省。エイプリルにノートを返して謝罪する。
アレックスは、マーシー・ウェスト組のリード・アダムソンと、腹痛を訴える患者マイケルを取り合う。マイケルの娘レスリーは、終始いがみ合う2人の様子にげんなり。ついに、「あなたたちの仕事は張り合うことじゃなくて、患者を助けること」と一喝する。2人はいったん反省するが、最後まで対立を続ける。
 

Bamen5_2_2一方、イジーは、マーシー・ウェスト組のチャールズ・パーシーと組み、末期の腎疾患で移植待機中のサラを担当する。相手を警戒するイジーに対し、ジョージのロッカーを無理矢理使おうとした仲間の態度をわびるチャールズ。「癌なんか大したことないって言う気はないが、自分も悲惨だ」と言って、リードへの片思いの辛さを打ち明けるなど、友好的な一面を見せる。これにすっかり気を良くしたイジーは、図書館に入るための暗証番号を彼に教えるが、その後、チャールズがマーシー・ウェストの仲間たちに自分の悪口を言っている場面に遭遇して憤慨する。
その後、イジーはサラの透析治療を行うが、チャールズへの怒りで感情的になっていたため大きなミスを犯してしまう。その結果、予定していたサラの腎臓移植手術は中止に。あと3日以内に別のドナーが見つからなければ、サラの命はないという危機的状況を作り出してしまう。
リチャードは、このミスを理由にイジーの解雇を決断。それを告げられたイジーはクビにしないでくれと懇願するが、結論は覆りそうもない。リチャードは、「シェパードとハントが君の体力低下と不安定な精神状態を気にしていた。それにカレフも君のことを心配して…」と、アレックスがイジーのことをいかに気に掛けていたかを話そうとするが、イジーはリチャードの口からアレックスの名前が出たことに激しく反応。その後、アレックスに置き手紙を残して姿を消してしまう。

 
カリーは、アテンディングとしてシアトル・グレースに復帰。そんな彼女の前に、父親のカルロスが姿を現す。彼の目的は娘との和解ではなく、同性愛を矯正させること。神父を連れてやって来た父親の魂胆に気付いたカリーは激しく反発し、アリゾナに父親への不満をぶちまける。アリゾナは「私はこれまで男性と付き合ったことは1度もないけれど、あなたは男性と結婚までした。父親がうろたえるのも無理はない」とカリーをなだめるが…。
その後、カリーとカルロスは話し合いの場を持つが、2人の意見は平行線。すっかり気落ちするカリーに代わり、今度はアリゾナがカルロスに接触する。自分の経験を話した上で、カリーへの理解を求めるアリゾナ。彼女の人柄に触れたカルロスは、ようやくありのままの娘を認める気持になるのだった。


【今回のMVP】
カリーの父カルロス!

シアトル・グレースとマーシー・ウェストの見苦しいいがみ合いの中、カリーと父親の和解が心を温かくしてくれた今回。頑固で威圧的なはずの父親が、「アリゾナとの結婚式に期待していいか?」とカリーに聞くなんて。アリゾナの説得が功を奏したのは間違いないけれど、最終的にカリーを受け入れたカルロスには拍手を送りたい!


【鑑賞メモ】
映画『エイリアン』

マーシー・ウェスト組を侵略者と見なし、「私たちの船を守らなきゃ!」とみんなのお尻をたたくメレディス。その発言に「ネタ元はシガニー・ウィーバーの映画?」とレクシーが聞いていたけれど、その映画はおそらく『エイリアン』!


【メレディスの一言】
病気は1つの細菌から始まる
厄介な単独の侵入者
侵入者はあっという間に倍増、2つとなる
その2つは4つに
その4つは8つに
そして、いつの間にか体を攻撃している
「侵略」
侵略者が現れ、体を乗っ取られた場合、医者にとって問題なのは、どうやって退治する


【新しいキャスト】
ついにマーシー・ウェスト組が、合併後のシアトル・グレースにやって来た!
いきなりロッカールームでイジーとジョージのロッカーを取り合ったリード・アダムソンは、なかなか勝ち気なキャラ。演じるのは、レイチェル・ビルソンやオドレイ・トトゥを思わせる大きな目が印象的な個性派女優ノラ・ゼヘットナー。「エバーウッド 遥かなるコロラド」のレイニー役で注目され、「HEROES/ヒーローズ」シーズン1ではイーデン・マッケインを演じている。
イジーをカモにした狡猾野郎は、チャールズ・パーシー。演じているのはロバート・ベーカー。映画『かけひきは、恋のはじまり』や「コールドケース」シーズン2に出演の俳優。
大事なノートをレクシーに読まれてしまった、努力家のエイプリル・ケプナー。彼女を演じているのは、「エバーウッド 遥かなるコロラド」でハンナ・ロジャース役を演じていたサラ・ドリュー。「プライベート・プラクティス」のシーズン2にも、お腹の子を養子に出す大学生妊婦ジュディ役で2度ゲスト出演しているので、見覚えがあるな~と思った方も多いかも。
アメフトで鍛えた肉体を生かし、いきなりオーウェンの評価を得たのは、ジャクソン・エイブリー。演じているのは、「ビヨンド・ザ・ブレイク」のエリック・メディナ役で知られるジェシー・ウィリアムス。
さて、実力もなかなか、人間的には一癖ありそうな彼らが、シアトル・グレース組とどう絡んでいくのか!?


【今回のゲスト】
カリーの父親役として、『プリティ・ウーマン』でゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされ、「シカゴホープ」では外科部長のフィリップ・ウォッターズ役でエミー賞助演男優賞を受賞している名優ヘクター・エリゾンドが3度目の登場。
レスリー役は、「ギルモア・ガールズ」のリズ役や「ER緊急救命室」のスーザンの姉クロエ役で知られるキャスリーン・ウィルホイト。


何とイジーがクビに! しかも書き置きを残して姿を消すなんて! チャールズのひどい仕打ちのせいで冷静さを失ってしまった気持も分かるし、仕事が闘病の支えだったからこそクビが辛いのも分かるけれど、ちょっとアレックスに対して不実過ぎでは?
ジョージは死亡、エレン・ポンピオ妊娠中につき、メレディスは術後療養中で活躍の場が少なく、イジーまでが姿を消した… このドラマ、どうなっちゃうの!?という局面で大量投入される新キャラたち。視聴者を飽きさせないションダ・ライムズのあの手この手に、すっかりやられっぱなしです。
そして、イジーの医療ミスのせいで腎臓移植を受けられなくなってしまったサラ。彼女の命を救うため、ベイリーがロスに飛びます! この話は、明日の「プライベート・プラクティス3」(第3話)で。ベイリーとサムの、夫婦漫才のようなやり取り、また見られそうですよ!

2010.11.10|グレイズ・アナトミー6、ストーリーガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/49990157

この記事へのトラックバック一覧です: 11月10日(水) #5「侵略のはじまり」:

コメント

ジョージが居なくなり、今回でしばらくイジーにもお目にかかれなくなりますね。シーズン1からの大ファンとしては5人の内2人が居なくなるのは残念です…
だからこそメルディスとクリスティーナに初期のようにガツガツとしてほしいなあと思いますがメルディスは妊娠してますしね。クリスティーナが言ってたようにバークが懐かしいなあ。

投稿: 稚佳子 | 2010年11月17日 (水) 21時51分

コメントを書く