グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


3月29日(月) #24「永遠の別れ」

Greysanatomy5_bamen24_4

オペの翌日、意識を取り戻したイジーに記憶障害の症状が現れる。アレックスは人間らしい生活を希望していた彼女のため、記憶力を取り戻そうと猛トレーニングを開始。しかし、強引なやり方ゆえにイジーに反発されてしまい、つい逆切れして結婚に対する後悔や安楽死について口走ってしまう。一方、女性をかばったためバスにはねられた身元不明の男性がERに搬送されてくる。身元不明者は頭や内臓、腕に重傷を負っていて…。

今回のエピソードは…「衝撃度★★★★★」
外傷外科医として陸軍に入隊したと宣言し、シアトル・グレースの仲間たちに大きな衝撃与えたジョージ。ところが、彼が与える衝撃はこれにとどまらなかった! 何と、女性をかばってバスにひかれた身元不明の男性の正体こそがジョージだったのだ!
一方で、術後に記憶障害が現れてしまったイジー。彼女を元の状態に戻してやりたいというアレックスの必死の思いが通じたのか、ほどなくして記憶力を取り戻す。これには一同、心からホッとするが、そんな矢先にイジーの容体が急変! リチャードはDNRを無視して、イジーに蘇生処置を行うことを許可する。
こうして、生死の境をさまようことになったジョージとイジー。2人の運命は!?


【STORY】
イジーの2度目となる脳のオペの翌日。目覚める気配のないイジーのそばで、アレックス、メレディス、クリスティーナ、ジョージは不安な夜を過ごす。「目を覚ませ、目を覚ませ」とイジーの枕元で念じ続けるアレックス。そんなアレックスの声が届いたのか、イジーはようやく意識を取り戻す。
そんな中、ジョージは外傷外科医として陸軍に入隊したことをオーウェンに報告。オーウェンはジョージの決断をたたえてハグをする。その様子を見て、なぜ2人がハグしているのか首をかしげるクリスティーナ。その後ジョージはベイリーにも入隊の件を報告し、彼女を怒らせる。
一方、目を覚ましたイジーに言語障害の症状はなく、一同はホッと胸をなで下ろす。けれども、それもつかの間、すぐに記憶障害が現れ始める。記憶が数分と持たないイジーの様子に、事故で記憶力を失った患者の姿を重ねてすっかり落ち着きを失うアレックス。何とかイジーの記憶力を取り戻そうと、あらゆる出来事を付箋に書いて病室中に貼り付け、猛トレーニングを開始する。クリスティーナは、イジーを休ませてやるべきだとアレックスに助言するが、人間らしい生活を望んでDNRにサインをしたイジーのためだと言ってアレックスは譲らず。「あいつの将来は俺に懸かってる」と語気を強めて、トレーニングを継続する。
けれども、次第にイジーはアレックスの強引なやり方に反発するように。「辛いなら気持ちをぶちまけてくれて構わない。5分もすればどうせ忘れるんだから」と発言する。イジーのために奮闘していたアレックスは、結婚に対する後悔や安楽死のことをイジー本人の前でつい口走ってしまう。
その頃、ERにはバスにひかれそうになったアマンダという女性をかばい、逆にバスに引きずられて頭、内臓、腕などに重症を負ってしまった身元不明の男性が運び込まれていた。オーウェン、カリー、マーク、メレディス、レクシーは、早速男性への処置を開始。そこに、ジョージの入隊の件でベイリーがオーウェンに文句を言いにやってくる。オーウェンは「俺が勧めたわけじゃない」と反論するが、ベイリーはオーウェンのせいだと言わんばかりの態度。一方的に、ジョージを引き留めるようオーウェンに命じる。ジョージの元妻であるカリーも、ベイリー同様ジョージの入隊には大反対。「引き留め作戦」を先導し、この日、ジョージが入る予定のオペが終わる午後6時、オペ室前の廊下に集合するようメレディス、クリスティーナ、アレックスにも指示をする。
メレディスは、応急処置を終えた身元不明の男性に励ましの言葉をかける。男性は、メレディスに筆談で何か伝えようとするが、手に力が入らない様子。一方で、男性に助けられたアマンダは、男性のことを「運命の人」だと感じて好意を持ち始める。メレディスはそんなアマンダの気持ちをくみ取り、彼女が男性に付き添うのを許す。
その後、オーウェン、カリー、マークのほかにデレクも加わり、男性のオペが行われることに。医師たちはあらゆる手を尽くすが、術後の男性の容体は依然として芳しくない。今にも死にそうな男性の姿を目の当たりにしたメレディスは、記憶力を失ったイジーの姿も見ているだけに、チャンスがあるうちに「愛している」という気持ちを相手に伝えることが大事だと痛感。何としても今日デレクと結婚したいとクリスティーナに話し、「大好きよ、クリスティーナ・ヤン!」と言って彼女に対する愛情も言葉で表現する。そんな、メレディスの前向きな姿勢に驚いたクリスティーナは、柄にもない“ハグ”でその気持ちに応える。

Greysanatomy5_bamen24_a

その後、いざ結婚式のために市庁舎に向かおうとするメレディス&デレク。けれども、身元不明の男性に2度目のオペが必要な事態になる。デレクは日を改めようと提案するが、メレディスはどうしても今日結婚したいと懇願。そこでデレクは、ある妙案を思いつく。それは、その場で結婚式を挙げることだった。2人は病院のロッカールームで結婚の決め事を付箋に書き留め、2人きりで誓いを立てて晴れて夫婦となる。
式を終えたメレディスは、すぐに仕事に戻って身元不明の男性のオペの準備に取りかかる。すると、男性が再びメレディスに筆談で何かを伝えようとする。ペンを握る力もなく、指先でメレディスの手のひらに文字を書き始める男性。メレディスは今回、はっきりと感じ取る。彼が書いた「007」という数字を。「007」はジョージのあだ名。つまり身元不明者はジョージだったのだ! メレディスは、男性がジョージだったことを慌ててオーウェンらに告げに行く。そして、オペ室に移されたジョージは、オーウェン、デレクらの手で2度目のオペを受けることになる。

Greysanatomy5_bamen24_3_2

そんな中、アレックスの一種の荒治療が功を奏する結果となる。安楽死のことまで言及されてよほどショックだったのか、イジーはアレックスの暴言を忘れることができず。これをきっかけに、記憶を保てるようになる。これにはアレックスも心底安堵するが、そんな矢先に彼女の容体が急変する。すぐに蘇生を開始しようとするアレックス。イジーはDNRにサインをしていたが、駆けつけたリチャードもDNRを無視することに同意。一同は、イジーの蘇生処置を開始するが…。


【その他のキャラクターたちの動き】
ベイリーは、小児科のフェローシップ・プログラムに合格したとの知らせを受ける。けれども、なぜかベイリーは浮かない顔。それもそのはず、小児科のプログラムを受けるなら離婚すると夫のタッカーから最後通告を突きつけられてしまったのだ。結局、ベイリーは一般外科のアテンディングのオファーを受けたいとリチャードに申し出る。タッカーとは別れてシングルマザーになる覚悟を決めた以上、新しい専門を持つ余裕などないと判断したのだ。ただでさえ、イジーの病状や陸軍に入隊したジョージのことが気がかりなベイリーは、心の整理がつかずにリチャードの前で思わず涙を流す。リチャードは、何も言わずにそんなベイリーを受け止める。
レクシーに同居を断られたマークは、すっかりへそを曲げている状態。自分の意志で前に進んでいると見せつけたい一心で、住宅の購入を検討し始める。一方のアリゾナは、ジョージの入隊を「素晴らしいこと」と賞賛し、入隊に大反対するカリーと意見を対立させる。カリーにはアリゾナの言うことが到底理解できなかったが、実は彼女の弟がイラクへ派遣されて死亡していたことを知り、自分の言動を反省。アリゾナに謝罪する。
今という時を大切にし、デレクと夫婦としての道を歩もうとするメレディスに刺激を受けたクリスティーナは、オーウェンに「愛してる」と告げる。オーウェンは、「俺たちはやり直せる」とクリスティーナを説得。最終的には、クリスティーナもオーウェンの言葉に応じるのだった。


【医学用語豆知識】
DNR

「Do not resuscitate」(蘇生するな)の略。容体が急変して心停止に至っても心肺蘇生を行わないで静かに看取ってほしいという意思表示を記載する用紙を、病院では「DNRシート」と呼ぶ。


【メレディスの一言】
気持ちを伝えた?
「愛してる」
「あなたなしじゃ生きられない」
「出会って人生が変わった」
そう伝えた?
計画を立て、目標を作り、そこを目指す
でも目の前のことも見るべき
そして味わう
チャンスは今だけ
明日になれば消えているかも


【今回のゲスト】
アマンダ役は、「プリズン・ブレイク」トリシェン役や「The O.C.」のリンジー・ガードナー役などで知られるシャノン・ルシオ。


陸軍に入隊しただけでも驚きだったのに、何とジョージが女性をかばってバスにひかれて重体になるとは! あまりにも意外&ショックな展開に、度胆を抜かれた方も多かったのでは? 一方で、イジーのオペは無事成功。いったんは記憶障害が疑われたものの、無事に回復してアレックスらを喜ばせたのもつかの間、今度は意識不明に! メレディスたちの同期2人が、揃って生死の境をさまようという衝撃的なシーズン・フィナーレ。2人が今後どうなるのか、その答えは次シーズンまで持ち越しとなりました(辛い…)。
今シーズンは、これまでのシーズンにも増して脚本が面白く、まさに涙あり笑いありで、たくさんの感動を与えてくれた「グレイズ・アナトミー」。次シーズンでは、再び「プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち」とのクロスオーバーが待っているほか、新キャラも登場するなど新たな展開が期待できそうです。
みなさん、次の第6シーズンはこの秋放送予定! どうぞお楽しみに。

2010.3.29|グレイズ・アナトミー5、ストーリーガイド|コメント(19)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/47942442

この記事へのトラックバック一覧です: 3月29日(月) #24「永遠の別れ」:

コメント

なんとも言えない衝撃!一秒たりとも見逃せなかった。ここで終わるの~。って感じ。永遠の別れはどっち?私の中でどんどん想像が膨らんでいく。誰かと語りたい気分。

投稿: タルト | 2010年3月30日 (火) 00時34分

タイトル『永遠の別れ』で、イジーのことばかり考えてたけど…メレディスが気付いた瞬間…ウソでしょ?って涙がとまりませんでした…。

グレイズアナトミーカルテで第6シーズンチラッと流してたケド、ジョージ…イジーも助けて逝っちゃうの??第6シーズン待ち遠しいですね~。

投稿: アユナ | 2010年3月30日 (火) 02時10分

weepブログ初めて読みました!!
私も昨日の夜、1人で見ていたんですけど
ずっとイジーのことばかり心配していたので、あの患者が『007』と指で書いた時は涙が止まりませんでした...
T.R.ナイトは降板してしまうという噂も聞きましたが、入隊を希望したジョージらしいといえばそうですよね。
第6シーズン気になりますね!!

投稿: nami | 2010年3月30日 (火) 19時25分

 何だか胸が一杯になる回でした。ベイリーが、アレックスが、イージーが、そしてジョージが....。それぞれの想いが交錯するなか、訪れてしまった悲劇。エレベーターのシーンはとにかくしみじみと泣いてしまいました。これまで色々あった二人だから余計です(>.<)
 二人が逢ったシーンから始まるんでしょうか。早く第6シーズンが始まってほしいです。

投稿: バーコ | 2010年3月30日 (火) 21時17分

私は今回、ベイリーがリチャードの前で涙を流すシーンが一番泣けました。
ベイリー、どんな道を歩もうとも応援してます!


そしてラストシーンの軍服姿のオマリーとドレス姿のイジーの素敵だったこと…
このまま2人とも逝ってしまうなんてイヤ~
(ノ△T)

来シーズンが待ち遠しいですぅ~!!

投稿: わらわら | 2010年3月30日 (火) 22時53分

ずっと見続けていますが、
私はこのシーズン5が一番好きです。泣いて、笑って、こんな素敵なドラマは日本にはないですよね。私の一番の楽しみでした。ですから、終わってしまうのが悲しいです…。
しかもシーズン6が秋だなんて、長すぎませんか…?
オマリーは何気に女性陣に人気がありながら、結局最後には一人きりでしたね。いいえ、助けた女性には王子様に見えたのが救いでしょうか。
この回に限って録画をしていませんでしたので、土曜日に字幕版をもう一度、じっくり見ようと思います。

投稿: メロン | 2010年3月30日 (火) 23時39分

みんな同じ気持ちなんですね。ほんと泣きました。悲しくて切なくて…イヤだこんなの…って感じです。でも次のシーズンもきっと面白いんでしょうね。期待が膨らみます。みんな秋までじっと待ちましょうね…辛いけどねっ!

投稿: ぴぴる | 2010年3月31日 (水) 00時27分

もう!涙が止まりません!!寝る前に見ちゃったもんだから興奮して寝られないよおぉー。イジー、ジョージ、イジー、ジョージ行かないで(泣)なんでジョージ?!もう、次が気になってしょうがない!!

投稿: ゆか | 2010年3月31日 (水) 02時00分

な、な、なんと!!
第一シーズンから見続けている「グレイズ・アナトミー」のサイトがあったんですね~~(>。<)。私としたことが。。。今まで、自分のパソコンがなくて、最近やっと、いろんなコミュに参加してます(^0^;)

しかし、こんなに沢山のグレイズファンがいて、なんだか嬉しいです。
最終回でメレディスが「007」を読み取り、あの勇敢な患者さんが、ジョージ・オマリーだと気付いた時、私も「なんで~~!!やだ~~!!」と泣き叫んでいました。
なんで、ジョージが。。。
でも、ジョージならありえる。。。(泣)

第6シーズンが待ち遠しい~~。

投稿: かりん | 2010年4月 2日 (金) 02時28分

本当にショックでしたね。
そんなに素敵な人じゃない普通の顔の
男性が。。わざわざそんな表現するかなぁとちょっとひっかかったんだけど、まさかまさか、ジョージとは。手術室にいるとばっかり思ってたから。
007・・電話番後でも書くのかなと、
まだ気づかなかった自分が情けない。
でも、一瞬グレイと同じくらい心拍数跳ね上がったあの展開ゾクッとしました。
テレビドラマで久しぶりの緊張ですね。
イジーとカレフはケンカし続けながらずっと一緒に年を重ねていってほしいなぁ。デニーは天国でずっとやきもちやいてればいいんだからさ。
マークがなんともかわいいし、リトルグレイの最近のまぶしさ、ほほえましいですね。ベイリーも大好き。私の大事なレジデント、と言った瞬間涙がこぼれました。

でもでもやっぱりデレクのやさしいまなざしが私の宝物です。
あぁ、秋まで待てない。。。

投稿: ポンピオ | 2010年4月 3日 (土) 22時41分

あの…。だいぶ遅くなってのコメントなので誰も見てないかもですけど

もし見てる人が居ましたら教えてください。

なぜグレイは『007』でオマリーだって気がついたの?

お願いしますm(__)m。

投稿: ハル | 2010年4月 4日 (日) 18時16分

 “007”は第1シーズンの1話で、ジョージについたあだ名なんですよ。その話の中で、彼は患者に危なっかしい処置をしてしまったので、同期の人たちがからかって
 “殺しのライセンス”=“007”
と読んだんです。

投稿: バーコ | 2010年4月 4日 (日) 18時24分

私も最終回を一回目に見た時は聞き逃したのですが、ニ回目には気付ききました。
アレックスがオマリーの入隊を聞いた時に彼を「007」と呼んでいたのですね。それに気付いていたら、最後の場面でメレディスがオマリーだと気付いた時に、見ている私達にもあの患者がオマリーだとすぐわかったはずですよね。
伏線がたくさんあって、本当に奥が深い脚本です。
改めてオマリーだと思いながら最終回を見直すと、確かにあの目はオマリーでした…。あの目が切ないです…。

投稿: メロン | 2010年4月 4日 (日) 21時01分

わぁー!!

コメントに答えて頂いたお二人に感謝です(^○^)

ありがとうございました。
最終回『うそー!やだぁー!!』で終わってしまって
秋が待ち遠しいです。

こんなにどのキャラにも気持ちが入り込んじゃうドラマも珍しいですよね!

ホントにありがとうございましたm(__)m!!。

投稿: ハル | 2010年4月 4日 (日) 23時38分

皆さんに同じく私も秋まで待てないです。
番組が終わってから今までは「さあ!私も仕事がんばっちゃおう!」なんて意気込んでいたのにシーズン5が終わってしまってなんとなく毎週月曜日をさびしくむかえることになっています。今までのためこんだものをみようか?はたまたシーズン1からまたレンタルしてみようか?・・・。
シーズン5は今までのシーズンを更に進化させるものでした。特に個々の人間性が成長することで、このドラマのレベルがグンとUPしてますよね。
なんか偉そうなことを言ってしまいましたね。そう今の私は毎朝WOWWOWさんからいただいた
カレンダーを台所に飾って、(ほんとにありがとうございます)4月はドクターベイリーに挨拶して私の1日が始まっています。そして毎週金曜日に子供たちが楽しみにしているドラえもんでもしっかりのびママ役の声だけを(あーメレディスね)楽しみにしている私です。
スタッフの皆様、ぜひ第6シーズンも面白い演出期待してます。頑張って下さい。

投稿: まりさん | 2010年4月 5日 (月) 15時53分

007と書いてメレディスの手を握った後、メレディスが気づいたと同時に私も気づいて本当にゾッとしました。こんな展開、残酷すぎでしょう。もしジョージが居なくなってしまったら…かなりのショックです。

投稿: JELLYLOVE | 2010年4月 9日 (金) 03時07分

ジョージだと判明するシーン、私も号泣しました。未だに「嘘でしょう、どうして~~!!」と思ってしまう…。
夜中に観て眠れなくなったので、録画していたプライベート・プラクティスの最終回を続けて観たらこちらも「バイオレット!」な終わり方で、さらに目が冴えて徹夜コースでしたよ…。
とにかく大ショックの最終回でしたが、
メレディスとクリスティーナがハグした時の、メレディスの笑顔!
内側から溢れて弾けた、大輪の花の笑顔!
これに救われた気がします。
ここまでの102話中、一番の、最高の笑顔でしたよね。
それから私はアリゾナが好き。
カリーにもベイリーにも、不満や疑問を解決するために、どこまでも、まっすぐ言葉で向き合っていく姿が胸に響きます。
ああ、次シーズンまで半年、待ちきれません。。。

投稿: さな | 2010年4月 9日 (金) 04時36分

dog仕事で長期出ていたので、今日やっと録画していた最終回を見れました。
たぶん、しばらく時間がたっているのでこのコメに気付いてくれている人がいるのかどうかですが、コメせずにはいられない衝撃の最終回だったもので。

ジョージ!!!!
皆さんのコメの中にもありますが、グレイの手に「007」と書いた時は、私も重症になりました。急患で運ばれるぐらい、衝撃でした・・・。

チラッとみた来シーズンの予告でさらに「ジョージ!!!!!」って・・・。

シーズン1から欠かさず見ているので、ジョージやイジーにまさか!?のことがあると耐えれません。
あぁ、この予想ははずれてほしいです(涙)

投稿: あーみぃ | 2010年4月17日 (土) 23時09分

身元不明者が007=ジョージだとわかった瞬間のメレディスと同じような反応を私もしてしまいました。
最後のエレベーターで向き合うイジーとジョージの姿には涙が止まりませんでした。
親友同士の二人が同じときに死にかけているだなんて…
シーズン1の頃、こんな展開になるとは思ってもみませんでした。
寂しくて悲しくてたまりません。

投稿: ゆき | 2010年5月 9日 (日) 13時47分

コメントを書く