グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


2月8日(月) #18「そばにいるから」

Greysanatomy5_bamen18_3

世界的にまだ症例が少ない顔面移植手術が行われることになる。患者は以前、交通事故で顔面損傷を負ったデヴィッド。ネットで知り合った友人たちに術後のサポートを頼み、生まれ変わった新しい顔で会うのを楽しみに待っていたが…。
一方、クリスティーナはイジーの病気の治療法を調べたり、腫瘍科の診察予約を取ったりするなどして奔走。念願の執刀医デビューが決まっても、イジーのことが気がかりで集中できず…。

今回のエピソードは…「思いやり度★★★★★」
決して相性抜群という関係ではなかったクリスティーナとイジー。けれども、イジーの病気を知ったクリスティーナは彼女のために奔走。本心では助けを求めているのだと気付き、病気の件をアレックスらに話した上で「闘ってほしい」とイジーを励ます。
一方、顔面に重傷を負ったデヴィッドにも、力になりたいと願ってやまない心優しい友人たちが。そして、すっかり気力を失っているデレクにも、彼の復帰を待ち望む仲間がいる。彼らの熱い思いに、デレクは応えることができるのか!?


【STORY】

Greysanatomy5_bamen18_a

病院では、12年前に飲酒運転の被害に遭って顔面に重傷を負ったデヴィッドの顔面移植術の準備が着々と進められる。世界的に見てもまだ症例が少ない顔面移植術とあって、浮き足立つメレディスたち。執刀医のマークは、イジーとレクシーを助手に指名。ドナーの顔面組織の採取を担当することになったオーウェンは、アレックスを助手につける。メレディスとジョージは、顔面移植術に関わるアテンディングの穴を埋めるため、術前術後患者のフォローに回ることに。一方のクリスティーナは、ついに念願の執刀医デビューが決まる。
オーウェンとアレックスは、早速ドナーから顔面組織を採取。その頃マークは、術後のサポートをしてくれる人は来ているかとデヴィッドに確認を取っていた。というのも、顔面移植は術後の変化にいかに対処できるかが重要なポイント。術後にサポートをしてくれる人がいることが手術の絶対条件なのだ。デヴィットは、チャットで知り合った友人たちが来てくれることになっていると話すが、少しでもデヴィッドの力になりたいと考えた友人たちは、予定より早く病院に到着。デヴィッドは、意に反して現在の顔を友人たちに見られてしまったことに激しく動揺し、彼らを追い払ってしまう。
そんな中、デヴィッドの顔を「穴ぼこ」とあだ名するアレックスやインターンたちの姿を目の当たりにしたイジーは、病気のことが知れたら自分もみんなの冗談のネタにされるのではないかと危惧する。そして、すっかりデヴィッドに感情移入したイジーは、デヴィッドに対するインターンたちの不謹慎な態度に激怒。事情を知らないマークは、個人的な感情をあらわにするイジーを、デヴィッドのオペから閉め出す。イジーは、見込みのない治療を受けても無駄だと考えるようになり、クリスティーナが無理をして入れてくれた診察の予約もすっぽかしてしまう。
マークとレクシーは、友人たちを呼び戻すようデヴィッドへの説得を試みる。「友達はたじろがなかった。目をそらしたのはあなたの方」とデヴィッドに苦言を呈するレクシー。デヴィッドは、友達から目をそらされることだけは避けたくて臆病になったと反省し、手術を受けるために友人たちを呼び戻すことに同意する。病室に戻ってきた友人たちは、無礼な態度を取らざるを得なかったデヴィッドの心情に理解を示し、彼の顔をコリアンテス・スペキオサという珍しい蘭の花に例えて敬意を示す。
こうして、友人たちのサポートを得られることになったデヴィッドは、顔面移植術に臨む。そしてオペは成功。新しい顔を手に入れたデヴィッドは、新たな人生の一歩を踏み出すのだった。
クリスティーナが執刀することになったのは、サリーという女性患者のヘルニア修復術。しかし、せっかくの執刀医デビューだというのに、クリスティーナはイジーのことが気がかりで心ここにあらず…。治療法の研究や腫瘍科の診察予約の段取りなど、イジーのために奔走し、サリーからオペについて質問されても対応を後回しにしてしまう。しかし、オペの直前、サリーから「先生にとってくだらない手術かもしれないけれど、大丈夫だって言ってほしい」と言われたクリスティーナは、「くだらない手術じゃありません。安心して任せてください」と返答。オペに集中するため、そして、助けを求めるイジーの心の叫びに応えるため、イジーが転移性メラノーマにかかっていることをアレックスらに告げる。そして、無事に初執刀を終えた後で、イジーにもアレックスたちに病気のことを打ち明けたことを伝える。病気のことは誰にも言わないでほしいと口止めしていたイジーだったが、「おこがましいけど、闘ってほしい」というクリスティーナの言葉に励まされ、病気と闘うことを決意。知らせを聞いたメレディスたち仲間に見守れながら、治療への道を歩み始める。

Greysanatomy5_bamen18_2

デレクはいまだ欠勤中で、メレディスも彼と連絡を取っておらず。デレクを気にして上の空になっているリチャードを心配したベイリーは、カリーをデレクの元に送り込む。ところが、トレーラーハウスに到着したカリーは、過去に自分が救えなかった患者について語るうちに暗い気分に…。デレクを連れ戻すどころか、一緒にビールを飲む結果になってしまう。
カリーが戻らないのを心配したベイリーは、今度は、ドナーの顔面組織の剥離を終えたオーウェンをつかまえてデレクの元に差し向かわせる。しかし、オーウェンもカリー同様、患者を亡くした経験を語るうちに励ましの言葉を失い、デレク、カリーの2人とビールを飲み始めてしまう。
ベイリーは、カリーもオーウェンも戻ってこない状況に不安を募らせ、ついにリチャードに事情を説明。最終的に、リチャードは自らトレーラーハウスに向かい、病院に戻るよう直接デレクを説得する。しかしデレクは、プロポーズの件をメレディスに話したリチャードのことを激しく非難。「帰れ!」とリチャードを追い払う。けれども、リチャードは決してひるまず、「立ち直るのを待っている」とデレクに宣言。デレクはリチャードの助言に従ってメレディスに電話をかけ、医師を辞めるつもりだと口にする。
デレクからの電話を受け、メレディスはデレクの元へ。デレクはメレディスに「愛してる」と告げ、医者を辞めても愛してくれるか問うが、メレディスは「いいえ」と返答した上で、イジーの癌が脳に転移していることをデレクに告げる。そして、彼女を救ってほしいと懇願し、イジーの脳の写真を置いて帰って行く。メレディスが去った後、デレクは写真を手に取って…。


【その他のキャラクターたちの動き】
術前術後患者のフォローにまわったメレディスとジョージは、インターンのミーガンを巡って同じくインターンのスティーヴとピアースがケンカをしているのに気付く。しかし、一刻も早く顔面移植術の見学に入りたいメレディスとジョージは、彼らのトラブルを見て見ないふり。しかし、ベイリーに諭されて3人の間に介入。トラブルの解決に一役買う。
マークの顔面移植術で助手に抜擢されたレクシーは、インターンたちから白い目で見られる。インターンたちは、マークとレクシーの関係を互いに利用し合う不純なものと見なして軽蔑していたのだ。しかし、レクシーはインターンたちの前で堂々とマークにキス。自分たちはいい関係を築いているのだとアピールする。


【医学用語豆知識】
顔面移植術

劇中でも過去に4例しかないと紹介された顔面移植術。このエピソードがアメリカで放送された直後、世界で5例目となる顔面移植術がフランスで行われている。ちなみに、初めての顔面移植術は2005年。患者は犬にかまれて顔に大ケガを負ったフランス人女性のイザベル・ディノワールさん。なお、2006年に顔面移植術を行った李国興さんは2008年に死亡している。
2005年 イザベル・ディノワールさん(フランス)
2006年 李国興さん(中国)
2007年 29歳の男性(フランス)
2008年 コニー・カルプさん(アメリカ)
2009年 28歳の男性(フランス)


【メレディスの一言】
医療に携わると友達を作りにくくなる
それは多分、生と死にいつも直面しているから
毎日死を見つめていると嫌でも思い知る
人生は一瞬一瞬が猶予の時間
大事な人ができたとしても、そのうち期限が来れば失ってしまう
そういう理由で、一部の医者は友達を1人も作らない
でも、私たちは期限を延ばす仕事をやる
失う経験をできるだけ遠ざけようとする


【今回のゲスト】
デヴィッド役は、「CSI:科学捜査班」の第5シーズン以降、エーカーズ巡査役で複数話出演中のラリー・サリヴァン。
サリー役は、「ギルモア・ガールズ」のキム夫人役で知られるエミリー・クロダ。


仲間を必死に支えようとする人々の心に胸が熱くなった今回のエピソード。すっかり廃人のようになってしまったデレクを病院に連れ戻すため、トレーラーハウスに送り込まれたカリーとオーウェン。彼らが語る過去の経験から、医師という職業の過酷さ、そして辛さを共有する仲間の愛情が伝わってきました。
そして問題のイジー。クリスティーナの適切な判断と友情に救われ、ついに病気と向き合って闘うことを決意。今後は、彼女の治療経過から目が離せそうにありません。
さて、そんなシリアスな状況に反して、エピソードに笑い与えてくれたのがベイリーの存在。デレク、カリー、オーウェンの3人が死んでいる気がするって!? ちょっと想像が飛躍してしまった昼メロ好きの彼女だけれど、インターンたちのトラブルから目をそむけようとするジョージが「僕たちの方が(今のインターンより)マシだった」と発言したことに対して、「どこが?」と反応するあたりはさすが。確かに、メレディスもクリスティーナもアレックスもアテンディングと寝るし、イジーはデニーの補助心臓のコードを切るし、ジョージはベガスで電撃結婚した揚げ句に不倫して離婚するし、めちゃくちゃでしたもんね。
なお、今回インターンの3角関係の中心になったのはミーガン。もしや、アメリカにもメガネ女子ブームが到来!?

2010.2. 8|グレイズ・アナトミー5、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/47493166

この記事へのトラックバック一覧です: 2月8日(月) #18「そばにいるから」:

コメント

コメントを書く