グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


11月9日(月) #6「ライフ&ウォー」

Greysanatomy_bamen6_2 腹部平滑(へいかつ)筋肉腫の少女トリが転院してくる。治療を任されたベイリーは、リチャード、エリカ、メレディスでチームを作り、インオペの腫瘍を除去する方法を考えるが…。一方、カリーはエリカとのセックスを楽しむが、完全に同性愛に目覚めて涙を流すエリカに困惑。また、あの軍医オーウェン・ハントが、シアトル・グレース病院の一員となる!

今回のエピソードは…「型破り度★★★★★」
シアトル・グレースの外傷外科チーフとして着任したオーウェン。いきなり生きたブタにナイフを突き刺し「生体実習だ」と言われても…。そんなオーウェンにイジーは猛反発。デレクやマークも、ERでの患者の処置をめぐって彼を非難する。彼が型破りなのは、戦場しか知らないから?
型破りと言えば、メレディスが提案したトリのオペ方法もある意味型破りだったかも。その方法を思い付いたのは、小さい頃に愛用していた「アナトミー・ジェーン」というお人形。あの人形のビジュアルも、何とも型破りな感じが…。


【STORY】
シアトル・グレース病院をレベル1の外傷センターに戻したいリチャードは、外傷外科のチーフとして軍医のオーウェン・ハントを迎え入れる。院内でオーウェンの姿を見つけたクリスティーナはびっくり。なぜ、オーウェンがシアトル・グレースに戻ったのか、想像をめぐらせる。
そんな中、腹部平滑(へいかつ)筋肉腫を患った10歳の少女、トリが転院してくる。リチャードから彼女の治療を任されたベイリーは、治療チームの編成にあたり、メレディスたちジュニア・レジデントの中からも1人メンバーを選ぶことに。結局、選ばれたのはメレディス。5歳の誕生日に母エリスからプレゼントされた「アナトミー・ジェーン」という内臓が取り出せる人形を、たまたま病院に持ってきていたことが功を奏した。実は、ベイリーもこの人形のファンだったのだ。また、トリの家族の強い要望で、心臓外科としてエリカもチームに加わることに。こうして、ベイリー、リチャード、エリカ、メレディスの4人がトリの治療にあたることとなる。
オペに先立ち、トリの血管造影検査が行われる。その結果、腫瘍のまわりに主要な動脈が5本もあることが判明。困難を極めること必至のオペをどうやって乗り切ろうかとベイリーたちは考えをめぐらせるが、エリカは終始否定的な態度。ベイリーとエリカのいがみ合いに、リチャードもいら立ちを募らせる。そして、いつまでも「アナトミー・ジェーン」を手にしているメレディスを「それ(人形)をしまえ!遊んでる場合か!」と一喝。しかし、メレディスは「アナトミー・ジェーン」を触りながら、腫瘍で血流が滞っている臓器をすべて摘出する方法を検討していたのだ。エリカは「時間がかかり過ぎる」という理由でこのアイデアに反対するが、リチャードは、臓器を冷やしておき、その間に腫瘍を剥離すればいいと提案。最終的には、トリの家族も同意し、メレディスの案でトリのオペが行われることになる。
オペでは、予定通りトリの内臓が取り出されるが、動脈がほとんど残っていないため臓器を血管につなげられないという問題に直面。ここでもエリカは否定的な発言を繰り返すが、ベイリーがヒトの臍帯静脈を使うという名案を思い付き、オペは無事に成功。リチャードは、チームのメンバーの仕事ぶりを褒める。しかし、ベイリーはエリカに一言。「あなたは否定的で何でも批判する厄介者。オペが成功したのはあなたのおかげじゃない」と、本音をぶつける。
実は、今回エリカがこのように不機嫌な態度をとったのには理由があった。彼女は昨晩、カリーとあらためて一夜をともにし、最高のセックスを体験。完全に同性愛に目覚めて感激の涙を流したが、カリーはそんなエリカの姿に困惑の目を向けたのだ。自分が本当に同性愛者なのか確かめるために、マークと寝てみるカリー。結果的に、マークとのセックスも最高で結論は出なかったが、エリカと真剣に向き合おうと考えたカリーは、マークと寝たことをエリカに正直に打ち明ける。エリカは「分かった」と答えるが…。
Greysanatomy_bamen6_a 一方、着任したばかりのオーウェンは、早速レジデントとインターン向けに生体実習を行う。使うのは4匹のブタ。オーウェンはいきなりブタにナイフを突き刺し「こいつらを救え」と指示する。鎮静させてあるからブタに痛みはないと説明するオーウェンだったが、イジーは動物虐待だと憤慨して実習を拒否。クリスティーナは、ジョージ、アレックスらとともに実習に臨むが、途中、オーウェンはクリスティーナの名前すら覚えていないことが判明する。
そんな中、ERに複数の外傷患者が運び込まれ、オーウェンはアレックスを連れてERへ。ジョージもカルテ書きを手伝うことになり、クリスティーナは4匹のブタの治療を一手に任される。なぜ、自分だけ人間ではなくブタの治療をしなくてはならないのかと、文句タラタラのクリスティーナ。仕方なく、レクシーたちインターンとブタの治療に取り組む。
インターンたちは、それぞれのブタを「ベイブ」「ウィルバー」など愛称で呼ぶが、クリスティーナは「名前を付けるな」とご立腹。しかし、治療を続けるうち、クリスティーナもいつしかブタたちを愛称で呼ぶようになる。そんな矢先、1匹のブタ(ウィルバー)の容体が急変。クリスティーナはブタを再切開し、血流が滞っている原因を発見。適切な処置を施し、見事ブタの命を救う。
やがて、実習室にオーウェンが戻ってくる。クリスティーナはブタたちの治療経過を彼に報告。オーウェンは、すべてのブタの命を救ったクリスティーナたちを「よくやった」と労いながら、「ブタを処分しろ」と指示する。ブタたちに情が移っているクリスティーナは、突然のオーウェンの指示に反発し、黙ってその場を立ち去る。
その後、クリスティーナはオーウェンに「私にはブタを殺せない」と言うが、オーウェンは「結局苦しむのはブタたち。このまま生かしておくのは人道的ではない」と反論。そんなオーウェンに対してクリスティーナは「あたしの名前、忘れてた?」と問う。「俺はもう前の俺じゃない。前は君の名前を覚えてた」と答えるオーウェン。シアトル・グレースを離れ、今日戻って来るまでの間に体験した過酷な出来事を、彼はクリスティーナに話す。前線外科チームとしてイラクに派遣されたが、奇襲攻撃に遭って自分以外の部隊のメンバー19人を失ったのだと…。その後、クリスティーナは、レクシーとともにブタたちを安楽死させる。
Greysanatomy_bamen6_4 アレックスは、頭皮裂傷で硬膜下血腫の外傷患者をERで担当。自らの判断でマークとデレクにも応援を頼む。しかし、オーウェンは「手は足りてる。レジテントに外傷の処置法を学ばせたい」と言って2人を追い返してしまう。そして、すばやく処置をするようアレックスを指導。アレックスは接着剤を使って止血するが、この処置にデレクとマークは、「オーウェンのがさつなやり方は、患者を危険にさらしている」と怒りをあらわにする。
イジーは、別の外傷患者のオペをオーウェンとともに担当。オーウェンは、「過去にも動物たちが医療の発展に貢献している」とイジーに説明するが、イジーはオーウェンの言い分を一切聞き入れず、真っ向からオーウェンの行いを否定する。
こうして、イジー、デレク、マークの怒りを買うことになったオーウェン。しかし、デレクとマークが苦情を言いにくると、意外にもオーウェンは2人の話を素直に聞く。そして、「場所が変わればやり方も変わる。もっといいやり方があるなら教えてくれ」と指導を請い、デレクとマークを拍子抜けさせるのだった。


【その他のキャラクターたちの動き】
イジーに対して正直になったはずのアレックスだったが、いきなり「他の男と寝るなら、俺も他の女と寝る」とイジーに言い、彼女を怒らせてしまう。アレックスがイジーに聞きたかったのは、真剣に付き合う気があるのかどうか。イジーは、そんなアレックスの本音に気付き、不器用な彼をリードする。
レクシーはまだジョージを許していなかったが、感情的になりやすい自分を反省してジョージと仲直りする。
メレディスは、トリの治療をめぐってリチャードと長時間顔を突き合わせていながら、彼が自分と目を合わせないことに気付き、その理由を本人に問う。いったんは思い過ごしたと言い逃れるリチャードだったが、最終的には「アナトミー・ジェーン」が、自分の過去の過ち(エリスとの不倫)を思い出させたのだと告白。メレディスに謝罪する。
またメレディスは、エリスの荷物の中からさらなる大量の日記を発見する。


【医学用語豆知識】
インオペ
「inoperable」の意。手術不能、切除不能の状態、またはその患者のこと。


【メレディスの一言】
終わらない戦いもある
不安定な停戦で終わる場合もある
結果的に、圧勝で終わる戦いもある
和平の印を贈って終わる戦い
希望をつないで終わる戦い
そういう戦いは大したことない
一番恐ろしい戦いと比べたら…


【今回のゲスト】
トリ役は「HEROES/ヒーローズ」のモリー役、アデール・ティシュラーちゃん。


やっぱりオーウェンがシアトル・グレースに! いきなりブタにナイフ…は、イジーでなくても怒り出す人がいそうなもの。しかし、4匹のブタの命を救ったクリスティーナとインターンたちの表情からは、彼らがブタから多くを学んだことが見て取れました。どこまでが、医療の発展のために許される犠牲なのか。その判断は難しい問題かも。
また、オーウェンは、シアトル・グレースに来るまでの間に過酷な体験をしていたことも明らかに。そのショックは、クリスティーナの名前を忘れさせるほど…。
そんなオーウェン、アレックスにはいい影響を与えたよう。エンディングで、「どうすればいいのか教えてくれよ」と素直にイジーに聞けたのは、デレクとマークの助言を進んで聞こうとするオーウェンの姿を見たからかもしれません。

2009.11. 9|グレイズ・アナトミー5、ストーリーガイド|コメント(0)トラックバック(1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/46632546

この記事へのトラックバック一覧です: 11月9日(月) #6「ライフ&ウォー」:

» 11月9日(月) #6「ライフ&ウォー」 トラックバック 海外ドラマ
[続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 01時42分

コメント

コメントを書く