グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


11月15日(土) #4「愛することと許すこと」

Greys4_04_n ●カリーとイジーが決闘!?
すべてを知って、イジーとの話し合いを望むカリー。しかし、イジーは殴り合いになると思い込み、12時の食堂にはギャラリーが詰めかける。見せ物にされたカリーは…
●「君と結婚したい」、デレクが本心をメレディスに打ち明ける!
セックスだけの関係に疑問を抱き続けてきたデレク。ついに、メレディスに自分の真意を打ち明けるが、メレディスはデレクの思いを受け止めることができず…

【STORY】
ついに、イジーとのことをカリーに打ち明けたジョージ。カリーは内心怒りで一杯だったが、口から出てきたのは「あなたを許す」という言葉だった。予想外の返答に慌てたジョージは急いで病院でイジーを探すが、先にカリーが「12時に食堂に来るように」とイジーを呼び出していた。殴り合いを覚悟するイジーは、呼び出された理由を尋ねるアレックスに、ジョージと寝たことを打ち明ける。過去にイジーに関係を拒まれたことがあるアレックスは、男としてのプライドを傷つけられる。
そんな中、カリーとイジーの話を聞きつけたスタッフたちは、喧嘩を見物しようと食堂に集まる。しかし、カリーは決してイジーと喧嘩するつもりなどなく、ただ話し合おうとしていただけだった。浮気された上に見せ物にされたカリーは深く傷つき、「泥棒猫」とイジーを非難。イジー自身も傷つき、家に帰ってベッドで泣き崩れる。そんなイジーに、アレックスはさり気ない思いやりを見せる。
クリニックには、エクササイズ中に足を痛めたルーシーがやってくる。担当はベイリーとジョージ。検査の結果、ルーシーの足首は粉砕骨折しており、過激なダイエットによる骨粗鬆症が原因と判明する。ルーシーは恋人のウィルから、「服のサイズが4になったら一緒に暮らそう」と条件を提示されていたのだ。代わりにウィルは禁煙を誓っていると言うが、ルーシーが愛されたい一心で強迫観念にとらわれているのは明らかだ。オペはカリーが担当することになるが、ジョージの件で頭が一杯の彼女は、なかなか仕事に集中できない。
そんな中、ルーシーは突然吐血。十二指腸潰瘍を患っていたことが明らかになる。そして、緊急オペが行われるが、治療の甲斐なく死亡してしまう。オペ後、カリーは、ルーシーとの誓いを破ってタバコを吸うウィルの姿を見つける。心から愛されていなかった自分とルーシーを重ね合わせたカリーは、怒りを爆発させてウィルを激しく責める。ジョージ、ベイリーが割って入り何とかその場を収めるが、もうカリーはボロボロ。最終的には、「本心では許していない」とジョージの前で認めるのだった。
ERには、フットボール中に転倒し麻痺状態となったアダムが担ぎ込まれる。同伴していたのは父親兼コーチのスタンリー。深刻なけがを負っている息子を、スタンリーは容赦なく叱りつける。担当は、デレク、クリスティーナ、レクシー。メレディスのことを話題に、デレクと会話を弾ませるレクシーが面白くないクリスティーナ。何かにつけてレクシーに冷たく当たるが、デレクはそんなクリスティーナの態度に批判的だった。レクシーもレクシーで、いつまでも自分を数字で呼ぶクリスティーナにうんざり。「ちゃんと名前がある」と反論する。
その後、デレクの執刀でアダムのオペが行われる。デレクはレクシーを虐げるクリスティーナを注意し、静脈の焼灼をレクシーにやらせる。出血源が見つからないと戸惑うレクシー。クリスティーナはしぶしぶレクシーに助け船を出す。その様子に安心したデレクは、自分の補佐をクリスティーナに頼む。
Greys4_04_a また、以前も卵巣ガンの手術でシアトル・グレースに入院していたリチャードの姪、カミールが呼吸困難の状態で病院に運び込まれる。イジーが挿管してカミールは持ちこたえるが、彼女のガンは喉や胸に転移していた。すでに闘病生活に疲れ果てていたカミールは、治療で苦しむより残された時間を家で過ごしたいと切望する。カミールの心の叫びを知ったリチャードは、担当医としてカミールの希望を尊重することに。これ以上延命治療を行わないと決めるが、カミールを我が子同然に可愛がっているアデルにとって、その判断は到底納得できるものではない。この件は、修復向かっていたリチャードとアデルの関係に影を落とすことになる。
Greys4_04_m デレクから週末旅行に誘われたメレディス。クリスティーナからデレクとレクシーが親密になっていると聞かされ、気が気ではない。週末のシフトをアレックスに交替してもらう代わりに、1日ノーマンの指導役に当たる。ノーマンの独特のペースに面食らいながらも、優しく指導するメレディス。しかしノーマンは、ほくろ除去に来たマークの担当患者ビッツァーに、間違えて「余命わずか」と宣告してしまう。事の重大さに気付いたメレディスは、急いでビッツァーを探すが、彼女はすでに退院。ノーマンまで行方が分からなくなる。さすがのメレディスもノーマンに対して怒りを爆発させるが、しばらくしてノーマンはビッツァーを連れて病院に戻ってくる。ビッツァーは残された日々をアイスランドで過ごすために仕事を辞め、恋人とも別れ、アパートの契約も解約してしまっていた。そのため、宣告は間違いだったと聞かされて呆然。けれども、病院側がビッツァーにアイスランドの家を用意したことから事態は丸く収まり、むしろ彼女に感謝される結果となる。
ほっとしたメレディスは、デレクの誘いにOKの返事をする。しかし、マークから「メレディスは恋愛においてまだインターン」だと指摘されたデレクは、いつまでも彼女とセックスだけの関係を続けることに限界を感じ、「結婚を望んでいる」とメレディスに本心を打ち明ける。突然の告白に戸惑うメレディス。その気になるまで待つというデレクだが、「待つ間に自分の希望を叶えてくれる相手が現れたらその時はどうなるか分からない」とメレディスに告げるのだった…。


【メレディスの一言】
許して忘れよ、よく言われる言葉
いいアドバイスだけど、あまり役に立たない
誰かに傷つけられたら、その人に仕返ししたい
不当な扱いを受けたら、正当な態度を取りたい
許せなかったら、過去のしこりは消えない、過去の傷は癒えない
期待できることは1つ
運が良ければ、いつか忘れられると思うことだけ


【聞かせて!みんなの意見】
今回のテーマは“愛”と“許し”。みんなは誰の行為がいちばん許せない? 恋人を追い詰めたウィル? 重傷の息子をしかりとばす父親? それとも、やっぱりカリーを傷つけたイジー? ジョージ?
ぜひぜひコメントをお寄せください。メレディス役の三石琴乃さん&デレク役根本泰彦さん、イジー役石塚理恵さん&ジョージ役加瀬康之さんの直筆サイン入り台本メモ帳のプレゼントもありますよ!
※前回のエピソードにもたくさんのコメントをありがとうございました!

2008.11.16|グレイズ・アナトミー4、ストーリーガイド|コメント(9)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/43071239

この記事へのトラックバック一覧です: 11月15日(土) #4「愛することと許すこと」:

コメント

いつも私は、メレディスを応援する目線で見ている。
なので、デレクの言動は許せない。
自分からノンストップ旅行に誘っておいて、「そんなの行きたくない」と言う。
「一生そばにいたい」「僕は待つ」と言いつつ、「理想の相手に出会えばわからない」とも言う。
これってずるくない?。
女性から見たらどうなんでしょうか。
でも許せない本当の理由は、その理想の相手が読めるところにモヤモヤしているからかもしれない。

投稿: れこば | 2008年11月16日 (日) 18時09分

私もデレクの言動は許せません!レクシーと仲良さげだし…クリスティーナのレクシーに対する態度が何だか見ていて気持ち良かったです(笑)
あとイジーとジョージとカリーの三角関係ですが…私はイジーのキャラも好きですが、何よりキャサリン・ハイグルが大好きなので、イジーには平和に過ごしてもらいたいです(ω)+.゜
キャサリン・ハイグル可愛い!大好き!!

投稿: 惠莉 | 2008年11月16日 (日) 20時57分

一番許せないのは恋人を追い詰めたウィルですね、
相手を愛してるつもりで「恋人を愛してるオレって素敵!」って感じの勘違い、
思いやりがないじゃないか。

メレディスとデレクの件はオレはデレクの誠実さだと思います。
人の心の移ろいやすさを知っているから、いつまでも待っているなどと言わない。人を恋するのって、自分でも思いもよらない相手だったり、愛してはいけない人だったりすることもある。恋するコトって、時に予測計算不可能だったりするから。メレディス好きだけど、今はデレク目線なオレです(笑)

投稿: ひろろ | 2008年11月17日 (月) 04時52分

イライラさせるキャラが多くて悶々としながらも観てしまいます。
同じ女としてイジーみたいなタイプは一番嫌い。
何故話合いじゃなく決闘だと思い込むのか理解不能です。
それだけイジーも精神的に追いつめられてるのかしら??
イジーが自分の罪悪感に耐えきれずジョージと寝た事を周囲に漏らすのに対して、カリーは自分のプライドもあって他言せず自分の中で消化しようとしていてツライだろうなぁと。
デレクのメレディスへ対する言葉は現実的だなぁと思いました。
「君をずっと待つよ」と言うのは簡単だけれどその時はそう思っても明日には気持ちが変わるかもしれませんからね。
それで後悔してももう過去の気持ちは取り返せないのですから。。

投稿: たろう | 2008年11月17日 (月) 09時51分

正直、アデルの言動には違和感を覚えました。
アデル自身が、不幸にも流産してしまい、
愛する命を失う、ということを経験しているにもかかわらず、
姪のことではぱにくって、
医療職をちょっと軽んじているのか、
誇大評価?して、誇大に期待しているような態度・・・。
姪の状態は、安易に、
「治せる!」といいきれない状態であり、
本人のものすごい苦しさも、ある程度は分かっているだろうに、
まるで、リチャードが姪に対し、積極的に治療を行わないのは、
リチャードが無能だから!とでも言いたいような言い方・・・。
自分に寂しい思いをさせてきた医療は、
もっと患者に救いを与えている存在であるべきだ、
というアデルの思いは分からないのでもないのですが、
ちょっと、リチャードの苦しみも
理解してあげて欲しいな、と思いました。

投稿: もりん | 2008年11月17日 (月) 14時46分

私は、ジョージのフラフラした行動(カリーと結婚しながらも、イジーと関係を持った事)に、腹立たしさを感じてますangry
アレックスはジョージにライバル意識を持ってるしさぁ~┐(´ー`)┌
デレクがプロポーズしちゃったね……sweat01sweat01

投稿: か~じゅ | 2008年11月18日 (火) 16時02分

「君と結婚したい、君と子供を持ちたい、2人の家を建てたい、身を落ち着けて一緒に年を取りたい……君が、受け止められるまで僕は待つ…」そこまでデレクがメレディスを愛して要るに、何が不満なわけ?メレディスの気持ちが分かんないshockshockshock相手を信頼するのも愛なのにねcryingcryingcryingcryingcryingcrying

投稿: AKI | 2008年11月18日 (火) 18時53分

デレクからのプロポーズに何を戸惑っているの?メレディスはなぜデレクと今まで一緒にいたの?こうなる事をどこかで望んでいたんじゃないのかな…と思っていたのですが。
でも、デレクの無責任な言葉もどうなのよ?それなりの思いと覚悟があっての言葉じゃなかったの?2人には幸せになってもらいたいのに。凄いもどかしい!

投稿: にょん | 2008年11月20日 (木) 11時41分

毎回見応えありすぎで、ますます日本のドラマから遠ざかります
私が許せないのはアデルでしょうか
どうしても、夫の仕事より家庭を大事にしてという考えには賛成できない
姪の件にしてもしかり。つらくあたりすぎ!
何年も我慢してきたつらさもわからないではないですが、夫の仕事のおかげで安定した暮らしができるのを感謝すべきでは?

それぞれの関係も目が離せず、ますます楽しみです(^-^)

投稿: K! | 2008年11月20日 (木) 23時18分

コメントを書く