グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


【曲情報】#16「生と死」で使われていた曲は?

#16「生と死」の終盤、メレディスの蘇生が行われるシーンで使われていた曲は、オーストラリアの女性アーティスト Butterfly Boucherの"A Bitter Song"。彼女の曲は、記念すべき第1シーズン#1「甘い夜はオペの始まり」での"Life is Short"、同じく第1シーズン#6「禁断のデート」での"Never Leave Your Heart Alone"に続き3度目の登場となりました。

2008.2.10|グレイズ・アナトミー3、曲情報|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/17896561

この記事へのトラックバック一覧です: 【曲情報】#16「生と死」で使われていた曲は?:

コメント

1stシーズンから欠かさず観ています!
友達にも半ば強引にオススメしています。
グレイズの魅力は、ストーリー展開もさることながら、ドラマ中に流れる素敵な音楽ですよね。

前回のリチャード部長のインタビューで流れていたのは何という曲かご存知の方は教えてください!

投稿: メデレス | 2008年2月16日 (土) 18時07分

Robert Randolphの"Ain't Nothing Wrong With That"ですね。
3枚目のサウンドトラックにも収録されていますよ♪

投稿: ひのき風呂 | 2008年2月21日 (木) 22時37分

コメントを書く