グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


12月8日(土) #9「告発の行方」

●バークと心臓を取り合ったハーンが、ハロルドの執刀医に!
バークの手の震えを知っているジョージは、父ハロルドの執刀医にハーン医師を指名。その後もナーバスになっているジョージは、カリーやイジーに辛くあたる。
●バークの秘密がついに明るみに!裏切ったのはクリスティーナ…
震えがおさまり楽観的になっていたバークだが、リチャードから次期外科部長に推薦すると聞かされ良心の呵責に苦しむ。追い詰められたバークは、クリスティーナに無理強いされて秘密を抱えることになったと言い出し、クリスティーナと激しい口論に。傷ついたクリスティーナはオペでもバークに拒絶され、ついに限界! リチャードにすべてを告発する。
●見つめ合うアディソンとアレックス!
妊娠中の患者を思いやるアレックスの態度を見て、彼を見直すアディソン。2人はなんだかいいムード!?


【STORY】
シアトル・グレース病院に、シアトル長老派病院のハーン医師がコンサルとしてやってくる。バークのことを信用できないジョージは、父ハロルドのオペの執刀を彼女に依頼。ハロルドと妻ルイーズは、なぜジョージが執刀医を変えたのか疑問を持つ。バークの手のことを知らないイジーは、「バークが最良の医者」と夫婦に話し、その結果、ハロルドはバークによるオペを希望。それを知って怒ったのはジョージ。デニーのことまで持ち出して、イジーを病室から追い出してしまう。
カリーはジョージのことが心配でハロルドを気遣っていたが、マークと寝たことがジョージにばれていると知る。別れた後のことだとカリーはジョージに説明するが、父親のことで頭がいっぱいのジョージは彼女の言葉に耳を貸そうとしない。
一方、バークがハロルドのオペから外されたと知ったクリスティーナ。バークがリチャードに呼び出されたと聞き、秘密がばれたのだと思い込む。しかし、リチャードがバークを呼び出したのは、次期外科部長にバークを推薦すると伝えるためだった。アデルとの復縁を望むリチャードは、本気で引退を考えていたのだ。クリスティーナは安堵するが、バークは良心の呵責に苦しむ。そして追い詰められた彼は、「秘密を抱えることになったのはクリスティーナが無理強いしたせいだ」と彼女を責め立てる。2人は激しい口論となり、結束は崩れていく。
デレクは、埠頭の市場に車で突っ込んだ86歳の男性ラリーを担当する。彼は足が麻痺する脊椎狭窄症で、そもそも車を運転できるような状態ではなかった。妻はラリーは健康体だったと言い張っていたが、最後には足の異変に気付いていたことを認め、ベイリーに促されて警察に事情を話す。
マーク、アディソン、アレックスは、この事故で負傷した妊娠中のジャネルを担当する。彼女の心臓にはガラスの破片が刺さっており、危険な状態だった。ジャネルはお腹の子の父親には妊娠のことを告げていなかったが、アレックスは話すべきだと説得。その様子を見たアディソンは、彼を見直す。
その後、ジャネルの容態が急変し、バークの執刀で急遽オペが行われる。バークはクリスティーナを助手に付けるが、これまでのように彼女の手を借りようとはしない。そんな中、バークはラリーのオペに入っていたハーンから応援を頼まれる。クリスティーナは一緒に移動しようとするが、バークはそれを強く拒否。この様子を見たメレディスは、バークたちの秘密に気付く。
その後、ラリーの処置を終えたバークはジャネルの処置を再開するが、縫合部分が裂けて心臓から出血が起こる。処置を手伝おうとするもバークに止められたクリスティーナは、彼をかばう限界を悟りリチャードにすべてを告発。自分の口からリチャードに事実を打ち明けるつもりでいたバークは、クリスティーナの裏切りを知って驚く。
デレクはバークのことを知りながら黙っていたメレディスに文句タラタラ。その流れで、2人は禁止していたセックスを解禁する。


【クリスティーナの一言】
ある意味、裏切りは避けられない
体に裏切られたら、しばしば手術が回復の鍵となる
人と裏切りあったら…人と裏切りあったら、回復への道筋は曖昧
人は何とかして失われた信頼を取り戻そうとする
でも、時として、傷があまりにも深く裏切りがあまりにも大きかったら
失われたものを元に戻す方法はない
そういう場合、できることはない
待つ以外…

2007.12. 9|グレイズ・アナトミー3、ストーリーガイド|コメント(3)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/17215617

この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日(土) #9「告発の行方」:

コメント

もう、みんなグチャグチャ…(;_;)クリスティーナもバークの為に一生懸命だったのに…。無理して、歪んできたんだね。最後にドアが閉められたシーンは、心苦しかったです。

投稿: ゆぅ | 2007年12月 9日 (日) 01時15分

クリスティーナかわいそうでした…
もう戻れないのかな?

投稿: ゆき | 2007年12月10日 (月) 18時25分

なんで、男ってあんなに弱いんだ。クリスティーナが逆の立場だったら、同じ事をするだろうか?そうは思わない。ジョージにしても、バークにしても、デレクにしても、いざというときに、あまりにも弱い。男に期待している気持ちの裏返しか、落胆が大きい「告発の行方」でした。↓↓

投稿: てる | 2007年12月11日 (火) 20時25分

コメントを書く