グレイズアナトミー6 WOWOW オンライン

海外ドラマNAVI

NEWS

COLUMN

ABOUT グレイズ・アナトミーについて

CATEGORY カテゴリー

WRITER ライター

ライター画像HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


11月10日(土) #5「罪悪感という魔物」

●死亡症例検討会、デニーの件でベイリーが叩かれる!
デニーの件が取り上げられた死亡症例検討会で、担当レジデントだったベイリーが激しい追及を受ける。子育ての疲れ、ホルモンバランスの乱れを指摘されたベイリーは、母親としての目線を捨てて仕事に臨もうとする。
●デレクとアディソンがついに離婚。フィンと別れたメレディスはどう出る?
デレクとアディソンの離婚がようやく成立。メレディスは、フィンと別れたことをデレクに話すまいとしていたが、結局耐え切れずにデレクに真実を告げる。
●罪悪感の荷物を降ろすアディソン
マークとの関係が一夜限りのものではなかったことを、ずっとデレクに打ち明けられずにいたアディソン。ついに真実をデレクに話すが…。
●オペ中、指先が震え出したバーク。そのときクリスティーナは?
緊急オペに臨むバーク。しかしオペ中、彼の手に異変が。クリスティーナは自分にやらせてほしいと申し出るかたちで縫合を代わり、なんとかピンチを切り抜ける!
●イジーが外科医を目指す情熱を取り戻す!
心臓のかがり縫合にチャレンジするクリスティーナに刺激を受けたイジー。ついに外科医への情熱を取り戻す!


【STORY】
イジーは、デニーの遺産として870万ドルの小切手を受け取り戸惑っていた。自分にはそんな大金を貰う理由はない…。落ち着きをなくした彼女は、早く銀行へ行くようにというメレディスたちの助言を聞き流し、ロッカーを片付けるという理由で病院に向かう。
病院では、死亡症例検討会が開かれることになり、メレディスたちインターンも出席する。取り上げられた症例はデニーの件。この件のアテンディングだったバークは同僚から非難され、担当レジデントだったベイリーも壇上で説明を求めれられる。特に医師のサヴォイは、子育ての疲れとホルモンの乱れが判断ミスを招いたのではとベイリーを激しく追及。その様子を、遠くからイジーも見ていた。
そんな中、ベイリーは若くして乳がんの手術を受けるダイアナを担当する。夫のジェイソンは、最近彼女が幼い子どもを抱こうともせず、投げやりな態度が続いているとベイリーに相談する。サヴォイの手前、ドライに対応してみせるベイリーだが、リチャードに親になることでよりよい医師になれるのだと励まされ、同じ母親として親身になってダイアナに接する。そんなベイリーの姿を見たアレックスは、「自分もイジーを止めようとしなかった、至らぬ点があったのは同じだ」とベイリーに言葉をかける。
デレクとアディソンはついに離婚が成立する。デレクはメレディスと真剣な関係を持った自分に責任があると、シアトルのトレーラーと土地だけ取って、残りの資産はアディソンに譲ると言い出す。本当はマークと何度も関係を重ねていたアディソンは、罪悪感を抱えたままアダムとソーニャという患者を担当する。2人は、5年前に離婚していたが、時折セックスの関係を続けていた。今回、アダムが陰茎につけたピアスが、ソーニャの避妊リングに引っかかり、セックスしたまま離れられなくなってしまったのだ。治療の末、やっとアダムと離れたソーニャは、「今の夫に黙って逢い引きを重ねるうちに罪悪感がなくなった、二度と間違いをおかさぬようすべてを話す」と言い出す。その言葉に刺激を受けたアディソンは、マークとの関係が一夜限りのものではなかったことをデレクに告げる。また、メレディスもフィンと別れたことをデレクに伝える。
一方、アダムの方は、治療後に突然心臓発作を起こしてしまう。バークが呼ばれて緊急オペが行われるが、オペ中にバークの手が震え出してしまう。一緒にオペに入っていたクリスティーナは、自分にかがり縫合をやらせてほしいと申し出て、なんとかピンチを切り抜ける。
イジーは見学室で、かがり縫合に挑むクリスティーナの姿を見ていた。自分もあんな縫合がやりたい…。外科医への情熱を取り戻したイジーは、復帰したいとリチャードに申し出る。
一方、精神状態が不安定なイジーと1日行動をともにしていたジョージ。夜になってホテルを訪ね、カリーと和解しようとする。しかしカリーは、すでに終わったことだとジョージを拒絶する。


【メレディスの一言】
「何より患者を傷つけない」 だがそれは容易じゃない
誓いならいくらでも立てられるが、実際のところ、私たちは大抵、しょっちゅう人を傷つけてる
力になろうとしている時ですら、人を傷つけることもある
そして罪悪感が生まれる
それをどう処理するかは、あなた次第
そして選択を迫られる
この先、罪の意識を抱えたままトラブルを招いた行動を繰り返すか
あるいは、罪から学んでベストを尽くし、前へ進むか

2007.11.11|グレイズ・アナトミー3、ストーリーガイド|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213810/16907476

この記事へのトラックバック一覧です: 11月10日(土) #5「罪悪感という魔物」:

コメント

夫婦って、一緒の時を共に過ごしたっていう歴史があるから、別れても“情”みたいなのがあるというのか、肌が覚えていて、だから悶々してるのかな…。アディソンもデレクも曇り顔してるし…。だけど、イジーお帰りなさい(`∇´ゞ復帰できて良かった!良かった!ジョージはフラれたの?

投稿: えっちゃん | 2007年11月11日 (日) 01時24分

アディソンとデレク、ついに離婚しましたね。ほんとにやっとという感じでしたw
イジー復帰おめでとう!!
リチャードからイジーへの言葉には少し感動しました。
イジーにはこれからたくさんの命を助けてもらいたいですね。
そしてメレディス。
ハイなメレディスをつい笑ってしまいました。
ある意味めっちゃ素直じゃないですか~ 笑
あのメレディス、また見たいな 素

投稿: ゆき | 2007年11月11日 (日) 21時28分

バークがイジーに言った言葉がせつなかったです。イジーは自分の事しか考えてない!バークがいかに苦しいか、誰かわかってあげられる人はいないものか。。。

投稿: アクセント | 2007年11月12日 (月) 10時45分

フィンはもう出てこないのかな?寂しいな~

投稿: uraura | 2007年11月12日 (月) 14時08分

ですよね~!私がフィンいただきたいっす。

投稿: アントワネット | 2007年11月12日 (月) 14時45分

コメントを書く